« 記憶のアルバム 清水公園 | トップページ | 三浦富士、砲台山、武山 »

2014-03-07

曽我丘陵

6日は曽我丘陵へ ← 2014年3月
JR御殿場線の上大井駅から国府津駅まで

曽我丘陵 そがきゅうりょう
浅間山 せんげんやま 317m
不動山 ふどうやま 328m
高山 たかやま 246m

国府津 こうづ
上大井 かみおおい

予定は電車で出かけ
上大井駅から
→ いこいの村
→ 浅間山
→ 不動山
→ 六本松跡
→ 見晴台分岐
→ 高山を巻いて
→ 西山農道休憩所
→ 菅原神社
→ 国府津駅へ

実際は

国府津駅前のコインパーキングに駐車
御殿場線の国府津駅始発06時03分で上大井駅へ

今回は鉄道のみを考えたのですが ← 新幹線を含む
それでは国府津駅発07時47分に乗るのがやっと
車なら朝2時3時に出られますが
家を発つ側の鉄道に
2時3時発が見当たらなかった

早く出て早く戻って
早く気持ちを切り替えないと ← 母の受け入れ準備

上大井駅の改札を出た先に ← 無人駅
富士見塚ハイキングコース入口の看板があります
先に国道を渡り
道標に従って先ずは『いこいの村あしがら』へ

富士山の眺めのよい場所を過ぎ ← 農村公園手前
富士見塚4.5km・いこいの村0.2km分岐の道標で
富士見塚方面と別れ『いこいの村』の正面へ
村とありますが『いこいの村』は
規模の大きい宿泊施設
建物の正面を過ぎると六本松跡への道標
ココまでは順調でしたが
ソノ先から六本松跡までは道標がなかった

分岐はいくつも
仕方ないので左右へ下る道は無視
丘陵の尾根筋を前へ前へと進むと
浅間山の電波施設に出て先ずは一服

再び前へ
すると中井町古怒田へと菅原神社への低い矢印
帰りは国府津駅近くの菅原神社へ寄るので
試しに矢印の指す中井町側の菅原神社方面に下ると
民家の散在する田園の様相
引き返し
暗い植林帯を ← 多分、不動山
脇に逸れる道は無視して進むと
林間を抜けてしまって農道に下り立ち
舗装面を前方に下るとY字分岐
左側を辿ると六本松跡

結局、不動山の山頂は判らなかった
二、三、文字の消えた案内板があったので
不動山山頂への道標もその一つだったかも

六本松跡には道標も地図も充実
六本松跡から先は各所に道標
ところが今度は
道標が多過ぎたのです
散策コースがいくつもあって
広い範囲に多数の観光スポット
道は網の目で何が何だか

見晴台も見落としました
当初は高山の山頂近くであろうと思い
高山?を南側で巻く道を辿ったのですが
それは湘南方面を望む国府津・曽我丘陵コース
湘南方面の眺めより富士山を見たかったので
高山を巻いた先の国府津駅への道標から
引き返して別所梅林方面へ丘陵を下り
道標に別れを告げ
小田原厚木道路と新幹線の高架を目標に国府津駅へ

歩いた時刻は
06:15 上大井駅
06:50 農村公園手前の展望台
06:55 富士見塚4.5km・いこいの村0.2km分岐
07:20 浅間山の最初の無線施設
08:00 六本松跡手前のY字分岐
08:05 六本松跡
09:10 菅原神社
09:20 国府津駅

丘陵上部のごく一部を除き舗装路歩き

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all size



 国府津駅

 上大井駅の踏切

 上大井駅の改札 ← 無人駅

 使用済の切符入れ

 上大井駅

 駅前の案内板 先ず国道を横断




 農村公園手前の展望台から

 写真を撮りに車も数台

 奥に農村公園

 左の突起は矢倉岳

 いこいの村あしがらの正面

 この先は不明な分岐がいくつも

 いこいの村は下段右の方向

 丘陵の上部にも梅林が散在

 浅間山の電波塔 塔は数箇所

 不動山の山道

 農道に下りた先にY字分岐

 左手を辿ると前方に高山

 六本松跡

 案内図は網の目




 高山⇒別所梅林への斜面から

 真鶴方面







 六本松跡方面入口 国府津駅裏



|

« 記憶のアルバム 清水公園 | トップページ | 三浦富士、砲台山、武山 »