« 御坂黒岳 | トップページ | 足柄峠と矢倉岳 »

2014-01-17

貫ヶ岳、晴海展望台、平治ノ段

16日は ← 2014年1月
中沢公民館から貫ヶ岳と平治ノ段へ

貫ヶ岳 かんがたけ 897m
平治ノ段 へいじのだん 940m

中沢 なかっさわ

車は
新清水ICから国道52号を北上
甲駿橋北交差点の次の分岐を左折 ← 信号なし
道形に進み ← 舗装路 道幅の狭い区間は僅か
日向バス停の分岐を右折
中沢集落に入り中沢公民館へ ← 集落の奥

中沢公民館の上の広場はドクターヘリポート
なので公民館脇の空き地に駐車させてもらいました
公民館の外側の手洗いは建物は古びていますが
内部は水洗の腰掛式で清掃も行き届いています
登山者が手洗いを使用するときは募金箱にお金を

歩いた経路は
中沢公民館 273m? ← 脇に道標
→ 貫ヶ岳の中沢登山口 ← 中沢公民館からすぐ
→ 焼山の分岐 ← 一部急登を経て
→ 貫ヶ岳の山頂 ← 樹木に遮られ眺望は今ひとつ
→ 焼山の分岐に戻り尾根筋を平治ノ段へ
→ ワサビノ岳 929m 晴海展望台 ← 眺めがよい
→ 十国展望台 ← 晴海展望台のほうがよかった
→ 平治ノ段・樽峠分岐 ← 先月末は樽峠から
→ 平治ノ段の山頂 ← 展望台
→ 尾根筋を中沢峠 739m へ ← 中河内峠とも表記
→ 中沢峠からは雪の斜面を下って沢に向かい
→ 沢沿いを進み ← 雪でルートが不鮮明な箇所も
→ 中沢峠登山口 360m ← 公民館方面の林道出合い
→ 林道を経て ← 暫く下ると真新しい舗装面に
→ 中沢公民館まで
周回コース

中沢登山口と中沢峠登山口は別です
往路は中沢公民館から中沢登山口を経て
復路は中沢峠登山口から中沢公民館へ

平治ノ段から中沢峠へは
明るい尾根を過ぎると
倒木を跨ぎ
背丈ほどの笹をかき分け

中沢峠からは
頻繁に踏み跡を確かめながら
崩れかけた斜面を横切り
朽ちた丸木橋を伝って

中沢峠で出合う林道はルート外
中沢峠登山口で出合う林道が公民館方面へ

歩いた時刻は
06:35 中沢公民館
06:40 貫ヶ岳の中沢登山口 ← 以下着時刻
07:35 焼山の分岐
07:50 貫ヶ岳の山頂
08:15 焼山の分岐
08:30 ワサビノ岳の晴海展望台
08:50 十国展望台
08:55 平治ノ段・樽峠方面分岐
08:55 平治ノ段の山頂展望台
09:45 中沢峠 中河内峠 739m
10:35 中沢峠登山口 中河内峠登山口
11:00 中沢公民館

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

帰路は国道52号に戻って北へ進み
万沢トンネル前後の脇で東へ逸れ ← 脇道は複数
ゴルフ場のセンチュリー富士コースを抜け
白鳥山森林公園の駐車場へ

駐車場の少し手前に白鳥山山頂入口の大きな看板
看板から山頂までは緩い階段で300m ← 5~10分

白鳥山 しらとりやま 568m

11:55 白鳥山山頂入口
12:05 山頂から引き上げ

晴れ
気温は家からの出発時と大差なし

貫ヶ岳~平治ノ段も白鳥山も
登山道では誰にも出合わず

中沢公民館からの帰りは
国道52号から白鳥山森林公園への道が判らず
暫くウロウロ …… できずに ← 速すぎる車の流れ
随分先まで進み広い場所に停車
車中から確認した脇道を道路地図と照合
付近の様子を理解してから
国道52号を戻り脇道に入り ← 脇道は複数
ゴルフ場を抜け白鳥山森林公園の駐車場へ

国道52号は狭くカーブの連続ですが
朝も昼も大型貨物が多数爆走 ← タンクローリーも

国道52号から県道192~811号へ入る道は
下手と上手の二ヶ所らしいとは判っていました
しかしICを出てから煽られ続け
考える余裕がなく
県道192号の小さな道標を目にして
反射的に左折したのが間違いでした
舗装面はとても綺麗
なのに幅がなかった ← 車幅ギリギリ
さらに片側が落ち込んでいて
すれ違い出来る箇所はごくごく稀
やがてT字の分岐に
どちらも舗装面は荒れ気味
辺りは真っ暗
なのでハンドルを少し切っては
車外に出てタイヤの位置を確認
少しづつ車の向きを変え
ひと先ず国道に戻り上手の分岐へ

写真は国道の2点を除いて撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 国道52号の分岐

 中沢は左折




 公民館脇から少し歩くと登山口




 朝陽




 尾根に出たところに焼山の分岐

 先に貫ヶ岳の山頂へ

 山頂は眺望が利かず

 焼山に戻り




 平治ノ段への尾根からの眺め




 晴海展望台は

 眺めがよかった

 

 駿河湾方面




 次は十国展望台へ

 

 スグ平治ノ段




 平治ノ段から中沢峠へは

 

 明るい尾根を過ぎると

 倒木や背丈ほどの笹




 中沢峠




 中沢峠からは雪の斜面を

 沢へ下り

 沢に沿って

 朽ちた橋を渡り

 岩肌を横切り




 中沢峠登山口 ここから林道




 林道からの眺めもよかった

 中沢公民館は左上手の舗装路へ




 公民館の脇から貫ヶ岳の山容




以下は白鳥山の山頂から

 山頂は展望広場

 富士川





|

« 御坂黒岳 | トップページ | 足柄峠と矢倉岳 »