« 上日川峠から大菩薩嶺 | トップページ | 石割山から大平山 »

2013-11-24

天子山地の毛無山

昨日は ← 2013年11月23日
天子山地の毛無山へ富士山を眺めに

天子山地 てんしさんち 天守山地 毛無山塊

天子山地の山々は
竜ヶ岳 りゅうがたけ 1485m 三角点は1465m
雨ヶ岳 あまがたけ 1772m
高デッキ タカデッキ 1921m
大見岳 おおみだけ 1959m
毛無山 けなしやま 1964m 三角点は1946m
長者ヶ岳 ちょうじゃがたけ 1336m
天子ヶ岳 てんしがたけ 1330m
思親山 ししんざん 1031m
白水山 しろみずやま 812m など

富士山には私も幼い頃から親しみを
眺めのよさは勿論ですが
父の郷里が富士駅敷地の裏だったのです
裏の土地を買ったのではなく
昔からの農地の一部を駅に供出
父は古くからの農家の末子 ← 大家族


 父が育った土地 1940年

 父の実家 1950年代?


父の富士登山は中学時代 ← 旧制
山頂で撮った写真があります
我が家では子の一人が学生時代に

2008年に山歩きを始めた私も日帰りを計画
駐車場と車道の様子を知るため
大沢崩れと宝永山に出かけています ← 2010年


大沢崩れ 2010年10月07日


宝永山 2010年11月04日



2011年の夏は空模様と外出日が折り合わず
同年の秋以降は血液検査値の異常に阻まれ
富士登山は次第に遠くへ

2011年1月11日の入院時は腫瘍は判らず ← 1泊2日
2011年の秋から血液検査値の異常が顕著に
2012年1月19日に再検査入院 ← 3泊4日
2012年3月01日に治療方針を決め
2012年4月18日に腫瘍の臓器を摘出 ← 18日間入院

血液検査値がオカシクなっても ← 2011年の秋以降
暫くは富士山を眺めにノコノコ山へ


金時山 2011年12月14日


越前岳 ← 14日の金時山の翌日


丸川峠から大菩薩嶺 2011年11月16日
上日川峠から大菩薩嶺 2013年11月20日
大菩薩峠から小金沢山 2014年10月11日
乾燥 大菩薩嶺 2014年12月03日
大菩薩嶺と小金沢山 2015年10月28日

 神部岩から


検査入院の6日前は
雨ヶ岳と竜ヶ岳へ 2012年01月12日

 雨ヶ岳から

 竜ヶ岳から


治療方針を決める十日前は
精進湖のパノラマ台へ 2012年02月18日


2012年4月の手術後は富士登山の熱も冷めてしまい
眺めるだけに方向転換 ← 介護は継続

 烏尾山から 2013年04月17日

 大室山から 2013年05月15日

 大山から 2013年06月01日

 鍋割山から 2013年06月06日

神奈川県の山



毛無山へは富士山を撮るために
6日も出かけたのですが ← 母のショートステイ時
天気が悪く不動ノ滝見晴台で引き返しています

 6日の不動ノ滝

昨日は ← 毎土曜は母を我が家へ移して出発
静岡県富士宮市麓の毛無山登山口に駐車
する筈が登山口脇の有料駐車場は満車なので
ずっ~と手前の臨時駐車場に ← 狭くスグ満車に

歩いた経路は
臨時駐車場から
→ 麓地区の登山口
→ 不動ノ滝見晴台
→ 富士山展望台
→ 稜線出合い ← 山頂と下部温泉方面の分岐
→ 毛無山の三角点 ← 最高点は別の場所?
→ 稜線出合い ← 山頂と下部温泉方面の分岐
→ 案内板のある地蔵峠の
→ すぐ先の地蔵峠で麓地区方面へ ← 地蔵様あり
→ 比丘尼ノ滝
→ 麓地区の登山口
→ 臨時駐車場

国道139号から
登山口方面に入る交差点は ← T字分岐 信号なし
いくつもの施設案内板が並んで判りづらく
6日に訪れた時は ← 早朝で暗かった
近くのサークルKで道を尋ねました

今回は朝2時に起床
母を我が家に移して首都高へ
臨時駐車場は8時半着

帰路の
国道139号は連休と道路工事が重なり渋滞
夕刻の中央道と首都高はイツモ渋滞
我が家着は夜の8時

歩いた時刻は
08:40 臨時駐車場
08:55 登山口 868m ← 以下着時刻
09:25 不動ノ滝見晴台
10:10 五合目
11:10 富士山展望台
11:25 毛無山山頂 三角点 1946m
12:00 稜線出合い
12:40 小さな地蔵様の地蔵峠
13:55 比丘尼ノ滝
14:15 往路の登山口
14:30 臨時駐車場

不動ノ滝見晴台を経由するルートは
勾配は強いのですが足場は確か
何合目の表示もきちんと
但し富士山展望台を除くと ← 狭い岩場
三角点の山頂まで富士山には気づかなかった

稜線に出るとなだらかな林間歩き
昼食は山頂で富士山を眺めながら ← 直千金

稜線出合いから下部温泉方面は
稜線の林間歩きを経て斜面の下りに入ると
登山道は礫と土でズルズル状態

地蔵様が置かれた地蔵峠の
下りからは各所にロープも
大概はロープなしで歩けますが
斜面を横切る一、二の箇所は
ロープを欠くとルートを見失うかも
ロープには道標の役割も

やがて沢に着きます ← 荒れた印象
いくつもの流れを渡る必要 ← 多少ウンザリ
沢沿いはテープとペンキが頼り
そのテープが古びて千切れ
ルートに不安を覚えた箇所も

増水して一ヶ所でも沢を渡れないと
下山時は深刻な事態に

晴れた日の地蔵峠経由には
富士山を展望できる箇所が二、三あります

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes


 臨時駐車場は狭い ← 無料

 登山口への道から毛無山

 登山道脇の不動ノ滝見晴台から

 往路の足掛かりはハッキリ

 稜線までの往路唯一の広場には

 ヘリで救出可能の案内

 五合目

 富士山展望台から ← 狭い岩場

 

 

上の写真で
臨時駐車場は中央薄茶広場の隅 ← 広場の入口
拡大すると5~6台の車が写っています
国道139号は上辺の横線
T字交差点は右上 ← Y字なのかも
右上隅にコンビニの建物と車両がボンヤリ
登山口は下辺の山の下 ← 写真では見えません



 毛無山山頂 三角点がある場所

 山頂からの眺め



ココから帰路

 稜線出合い付近

 稜線出合いの先から

 暫く林間を歩きます



 稜線を離れ地蔵峠への下りでも

 富士山を展望できます



 地蔵様の地蔵峠で麓方面へ

 土道や砂利道を過ぎて沢筋へ

 リボンやロープを目印に

 荒れた沢を何度か渡り

 斜面を横切り

 林間からも富士山を眺め

 改めて好天を感謝



 比丘尼ノ滝 登山口はもうすぐ



 登山口から臨時駐車場への道端

 臨時駐車場からも富士山




2013年11月23日以降も
富士山を眺めに各地の山へ

石割山から大平山 2013年11月30日

 平尾山の山頂


雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳、王岳 2013年12月04日

 王岳山頂からの眺め


女坂峠から五湖山を経て 2013年12月07日

 湖畔の車道を精進バス停へ


浜石岳とサッタ峠 2013年12月14日

 サッタ峠の遊歩道から


黒岳、越前岳、呼子岳 2013年12月21日

 黒岳の山頂から富士山


河口浅間神社から三ツ峠 2013年12月28日
晩秋の三ツ峠 2014年11月15日

 開運山から富士山


平治ノ段と高ドッキョウ 2013年12月31日

 高ドッキョウの山頂


安倍東山稜の青笹山 2014年01月05日

 天気が外れ富士山は見えず


御坂黒岳 2014年01月11日

 リボンは下山路


貫ヶ岳、晴海展望台、平治ノ段 2014年01月16日

 林道からの眺めもよかった


足柄峠と矢倉岳 2014年01月18日

 足柄城跡から富士山


大雄山から明神ヶ岳 2014年01月25日

 富士山と金時山


田貫湖から長者ヶ岳と天子ヶ岳 2014年01月29日

 田貫湖北側の遊歩道にて


奥山温泉登山口から篠井山 2014年02月01日

 篠井山南峰の山頂です


十枚山と下十枚山 2014年02月05日

 見晴らしがよく気分も晴れ晴れ


曽我丘陵 2014年03月06日


沼津アルプス(静浦山地) 2014年03月19日

 右上微かに富士山


本栖湖畔から竜ヶ岳 2014年11月22日

 ベンチから先は富士山見放題


公時神社から金時山 2014年12月06日

 往路の乙女駐車場から


愛鷹山塊の黒岳と越前岳 2014年12月17日

 十里木方面は雲


三国山稜の明神山 2014年12月27日

 山頂からパノラマ台への下山道


パノラマ台から青木ヶ原樹海 2015年01月10日

 上左端は西湖 下左端は精進湖


清八山と本社ヶ丸 2015年04月30日

 歩いてきた尾根の様子


落合から黒川鶏冠山 2015年05月02日

 鶏冠神社は鶏冠山山頂の岩の上


笹子雁ヶ腹摺山とお坊山 2015年05月06日

 笹子雁ヶ腹摺山の山頂


道坂隧道バス停から今倉山 2015年05月10日

 向かい左は御正体山


牛奥ノ雁ヶ腹摺山と雁ヶ腹摺山 2015年11月04日


初狩駅から高川山とむすび山 2015年11月21日


禾生駅から九鬼山 2015年11月28日


高座山と杓子山 2015年12月02日


高畑山、天神山、倉岳山 2015年12月05日


山北駅から大野山 2016年02月27日


2016年03月25日 箱根 芦ノ湖西岸の三国山
2016年03月29日 箱根 丸岳から富士見ヶ丘公園





|

« 上日川峠から大菩薩嶺 | トップページ | 石割山から大平山 »