« 前白根山からの眺め | トップページ | 那須連山 南月山の南側と北側 »

2013-10-03

火打山の紅葉

2日は頸城山塊の火打山へ ← 2013年10月


2012年9月12日の火打山

 

 


2012年7月20日の火打山

 



今回は
00時30分 起床
01時20分 家発
18時10分 家着 ← PAで約10分の仮眠を数度
往復の走行距離は615Km
前泊も後泊もナシ

泊まればよいのに ……
私も同感
一つは介護の都合
母が急変した例が介護メモの何処かに
加えて昨年4月の手術以降
私も生活面で多少の不便
まあ~イロイロあります
工夫しながら出来る範囲で

歩いた時間は
今回 前回 初回
05:35 05:10 04:40 笹ヶ峰の火打山・妙高山登山口
--:-- 05:55 05:20 黒沢渓流出合い ← 以下は着
07:25 07:10 06:30 富士見平分岐
08:05 08:00 07:20 高谷池ヒュッテ
08:30 --:-- --:-- 天狗ノ庭
09:05 --:-- --:-- ライチョウ平
09:35 09:35 09:10 火打山山頂
10:10 --:-- --:-- ライチョウ平
10:35 --:-- --:-- 天狗ノ庭
10:50 11:00 10:45 高谷池ヒュッテ
11:25 11:55 11:30 富士見平分岐
13:10 13:35 12:50 笹ヶ峰の火打山・妙高山登山口

今回 05:35 ~ 13:10 7時間35分
前回 05:10 ~ 13:35 8時間25分
初回 04:40 ~ 12:50 8時間10分

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把
--:--は記録漏れ

ゴツゴツした箇所もありますが
ルートの多くは木道歩き

昨年9月12日で触れた『滑りやすい箇所』は
崩れかけた斜面の縁から少し離れて
笹を切り開いた新しい道ができていました

山頂からの下山路脇にライチョウが二羽
何かを啄(ついば)みながら斜面の奥へ

天狗ノ庭までは天候に恵まれました ♪
朝陽を浴びて色が濃かった
その後は曇り

登山者多数

2日の朝に高谷池ヒュッテに着いたのは私が最初?
なので往路の高谷池から上で出合った
一人歩き数人/二、三人連れ数組/十人の団体/
およびバス何台分かの学校行事はヒュッテに前泊?

前日 妙高山に登った地元の山岳ガイドさんは
黒沢池ヒュッテに泊まったそうです
参加者の希望に沿うため直近の仕事の下見
大賑わいの生徒が去った山頂は二人だけに
互いを引率者と錯覚
天候が怪しくなるまで立ち話
妙高山についても山岳ガイドの仕事についても
私は得るところ大

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 富士見平の分岐を過ぎると

 向かいの山も紅葉真っ盛り

 火打山山頂は雲! 左は焼山

 高谷池ヒュッテを確認

 やっと雲が消えました

 木道が左折する付近

 高谷池への道から

 二人ほどテントを畳んで下山

 ヒュッテ側から高谷池の湿原

 外周の木道から

 高谷池を後にして天狗ノ庭へ

 振り返ると

 高谷池の湿原と高谷池ヒュッテ

 正面に火打山 左上隅は影火打

 天狗ノ庭の湿原入口

 山頂へは上右の尾根から

 

 池の手前の木道を右へ

 さらに右へ

 湿原の縁に沿って

 

 この先で左に曲がり尾根筋へ

 

 ココは左手の藪に新しい道

 ルートからの眺め

 山頂への登り

 

 振り返ると

 

 雲が優勢

 ヤット山頂が目の前に

 再び振り返ると

 雲が広がり陽光不足に



 山頂です

 今回も眺望はお預け

 代わりに雷鳥に出合いました



|

« 前白根山からの眺め | トップページ | 那須連山 南月山の南側と北側 »