« 安達太良連峰の沼ノ平と鉄山 | トップページ | 巻機山の天空散歩 »

2013-09-19

会津駒ヶ岳の中門岳

18日は会津駒ヶ岳へ ← 2013年9月
滝沢登山口から山頂を経て中門岳までの往復です

今回は車が滝沢登山口まで入れました
登山口手前の林道脇二ヶ所に駐車余地
朝なのにほとんど満杯
大概は駒ノ小屋宿泊者の車 ← 小屋は要予約
5月に利用した野球場の駐車場に車はなかった

お手洗いは
国道から林道に入ってすぐと
国道脇の野球場の駐車場にあります

会津駒ヶ岳 あいづこまがだけ 2133m
中門岳 ちゅうもんだけ 2060m

中門岳は
会津駒ヶ岳山頂の先に延びるなだらかな尾根
尾根を先端近くまで進むと
中門岳の標柱と中門ノ池があります
その辺りで折り返せば
会津駒ヶ岳を中門岳まで歩きました、ということに

中門岳を直接目指す場合は
会津駒ヶ岳の山頂を迂回する巻き道があります
私は往路は山頂経由
復路は
気が向いたときは山頂経由
撮った画像が多いときは山頂を省きます

05:55 滝沢登山口
08:00 駒ノ小屋 ← 以下着時刻
08:15 会津駒ヶ岳の山頂
08:45 中門ノ池
08:50 中門岳の木道の終点
09:45 駒ノ小屋
11:40 滝沢登山口



2013年05月03日 ホワイトアウト 会津駒ヶ岳

2012年10月03日 中門岳の草もみじ

2012年08月19日 三岩岳と窓明山

2011年08月17日 8月17日の会津駒ヶ岳

2011年06月15日 6月15日の会津駒ヶ岳



歩いた時間は
13-09 13-05 12-10 11-08 11-06
**:** 07:15 **:** **:** **:** 野球場の駐車場
05:55 --:-- 06:30 04:55 04:45 滝沢登山口
08:00 10:20 --:-- --:-- --:-- 駒ノ小屋
08:15 10:45 09:00 07:35 07:40 会津駒ヶ岳の山頂
08:45 **:** --:-- --:-- --:-- 中門岳の中門ノ池
08:50 **:** 09:40 08:30 08:30 中門岳の木道終点
**:** **:** --:-- 09:25 09:10 会津駒ヶ岳の山頂
09:45 --:-- 10:45 --:-- --:-- 駒ノ小屋
11:40 --:-- 12:30 12:10 11:55 滝沢登山口
**:** 13:10 **:** **:** **:** 野球場の駐車場

--:--は記録漏れ
**:**は立ち寄らず

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

合計時間は 計 登山口→山頂 山頂→木道終点
2013年09月 5時間45分 2時間05分 35分
2013年05月 5時間55分 3時間30分 ← 野球場~山頂
2012年10月 6時間00分 2時間30分 40分
2011年08月 7時間15分 2時間40分 55分
2011年06月 7時間10分 2時間55分 50分

歩く時間が短くなると気持ちにも余裕

今回は快晴、無風、澄み切った空
中門岳の稜線はこれ以上望めないほど静かでした
それでもごく稀に木道ですれ違う登山者は
列を組み足並みを揃えて進むスタイル
標柱に手を触れるや踵を返し
次の名山に気持ちを切り替えるスタイル
無言で佇(たたず)み
景色に見惚れ自然に溶け込むスタイル

三番目の若い世代に出合った時は
これからどのような人生を歩むのだろう
自分の当時はどうだったろう、と

最初と二番目のシニア世代は
残った時間が限られています
少なくとも私はそう
そんなことは誰もわかっています
わかっていても街に戻れば
新たなメダルが必要なのかも

帰路
登山道の階段修繕のため
角材の枠に満たす河原の石を
運搬するヘリに出合いました
会話ができないほどの騒音でしたが
深い樹木が壁になって
係り員が示す制止線ギリギリでも
ローターの風はほとんど感じず
但しヘリの真下は樹木が大揺れ

写真は順不同

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 駒ノ小屋は手前の方向

 この斜面の上が駒ノ小屋です

 駒ヶ岳の山頂もはっきり

 駒ノ大池

 中門岳は山頂を越えて

 振り返ると薄く微かに富士山

 駒ノ小屋も次第に遠く

 山頂 中門岳は右手へ

 山頂の先から望む中門岳の稜線

 

 右上は三岩岳

 稜線の左側は急

 振り返ると

 山頂は次第に遠く

 

 駒ヶ岳は起伏の陰に

 中門ノ池の方向

 この先に

 中門ノ池と

 中門岳の標柱

 中門ノ池も後にして

 少し進むと木道の終点に

 木道は終点で円を描き

 道なりに進むと向きが換わる

 帰路

 左上は燧ヶ岳 右上は至仏山

 ゆるい上り下りが続きます

 迂回路は写真上の山頂近く

 迂回して反対側の斜面に出ると

 前方に駒ノ小屋

 駒ノ大池

 滝沢登山口へ 奥に日光の山々

 下山途中 資材を運ぶヘリ





|

« 安達太良連峰の沼ノ平と鉄山 | トップページ | 巻機山の天空散歩 »