« 会津駒ヶ岳の中門岳 | トップページ | 前白根山からの眺め »

2013-09-22

巻機山の天空散歩

21日は巻機山へ ← 2013年9月

関越道を藤岡JCTへ走行中に
上信越道の東部湯ノ丸~上田菅平が
事故通行止めになったことを知り
頸城方面は中止して巻機山へ


2013年6月23日の巻機山



暗いうちに桜坂駐車場着 ← 有料
手前の駐車場はカラ
二番目の駐車場はほぼ満車 ← 手洗いあり
LEDヘッドライトを点けて準備する一団も
登山用ライトは私も毎回携行しますが
今回の歩き始めは明るくなってから
広い三番目の駐車場は僅か四台 ← 登山口に近い
下山したときは三ヶ所ともほぼ満車

井戸尾根 いどおね 尾根コースの尾根の名前
前巻機 まえまきはた 1861m 標柱はニセ巻機
御機屋 おはたや 1930m? 標柱は巻機山山頂
巻機山 まきはたやま 1967m 最高点は御機屋の東
牛ヶ岳 うしがたけ 1962m 巻機山の峰の一つ
割引岳 わりめきだけ 1931m 巻機山の峰の一つ

歩いた経路は
桜坂駐車場 ← 730m?
→ 前巻機 標柱はニセ巻機
→ 避難小屋
→ 御機屋 標柱は巻機山山頂
→ 巻機山の最高点?
→ 牛ヶ岳の稜線の先端
→ 御機屋に戻って
→ 割引岳の山頂
→ 御機屋に戻って
→ 往路を桜坂駐車場へ

05:15 桜坂駐車場
07:50 前巻機 ← 以下着時刻
08:00 避難小屋
08:20 御機屋
08:30 巻機山の最高点
08:50 牛ヶ岳の稜線の先端
09:20 御機屋
09:40 割引岳の山頂
10:10 御機屋
10:35 前巻機
12:45 桜坂駐車場

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

尾根コースで歩いた総時間 7時間30分 の
往路 2時間35分 帰路 2時間10分 計4時間45分 は
桜坂駐車場~前巻機の間で消費

前巻機は
一般に主峰の脇で見かける前○○や小○○とは別
尾根コースで向かう主峰は巻機山ではなく前巻機
前巻機の山頂からは別世界の天空散歩
そこには牛ヶ岳の巨体と
急沢・急斜面の割引岳があるだけで
主峰の巻機山は見当たらなかった、そんな印象

尾根コースの前巻機までは
何の変哲もない?山歩き
但し標高差は前巻機だけで1100m?あり
距離も長く気負うとバテます
私は今回は10時間を想定
先は長い、ノンビリ歩こう、なんて思いながら

晴れ
無風
蒸し暑かった ← 水分は多めに持参

牛ヶ岳には重量感と安定感と長閑さがあります
後肢を投げ出し
休息している牛のように

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 前巻機の山頂 標柱はニセ巻機

 前巻機山頂からの最初の眺め

 牛ヶ岳の稜線は上辺から奥の方

 右上端が御機屋 三角が割引岳

 巻機山の最高点は右上隅の方向

 前巻機から眺めた御機屋への道




 前巻機山頂から下ると避難小屋

 避難小屋を過ぎた辺りの湿原

 御機屋への上りの斜面

 振り返ると

 中央が前巻機




 御機屋の分岐 標柱は巻機山頂

 先ず御機屋から牛ヶ岳へ

 巻機山の最高点は多分ココ?

 前巻機 牛ヶ岳先端への道から

 道は穏やか

 眺めも和やか

 牛ヶ岳先端へは主に木道

 残雪はほんの僅か

 重量感と安定感

 稜線の先端は手前の方向

 先端近くからの眺め

 牛ヶ岳の稜線の先端

 この先裏巻機登山道は健脚向き

 先端からの眺め

 向かいに割引岳




 折り返します

 御機屋への稜線

 稜線の遊歩道

 御機屋への帰路から避難小屋




 御機屋から割引岳への道

 背後に牛ヶ岳

 正面に割引岳




 割引岳の山頂は広かった

 山頂からの眺め

 牛ヶ岳の山容

 御機屋からの道

 前巻機と避難小屋

 ココも山頂からの眺め




 御機屋へ戻ります

 上の木道の先端が御機屋

 御機屋付近の斜面の紅葉




 御機屋からの帰路

 前巻機山頂の先が長い



|

« 会津駒ヶ岳の中門岳 | トップページ | 前白根山からの眺め »