« 盛夏の雨飾山に荒菅沢の恵み | トップページ | 北八ヶ岳の天狗岳 »

2013-08-19

箕輪山と鬼面山

17日は ← 2013年8月
横向登山口から安達太良連峰の箕輪山へ
帰りは鬼面山を経て横向登山口までの周回コース

ところで横向登山口は何処 ?

安達太良連峰 あだたられんぽう
鬼面山 きめんざん 1482m ← 今回
箕輪山 みのわやま 1728m ← 今回
鉄山 てつざん 1710m
沼ノ平 ぬまのたいら ぬまのだいら ← 火口
篭山 かごやま 1548m
峰ノ辻 みねのつじ
矢筈ヶ森 やはずがもり 1673m
船明神山 ふなみょうじんやま 1667m
安達太良山 あだたらやま 1700m
薬師岳 やくしだけ 1322m
和尚山 おしょうやま 1602m
前ヶ岳 まえがだけ 1340m

横向温泉 よこむきおんせん

車は
二本松IC → 国道459号 → 国道115号
→ 土湯トンネルを抜け県道30号へ逸れ
→ 横向(下)登山口へ

県道30号沿いには横向登山口が二ヶ所
箕輪スキー場入口の先が横向(下)登山口
旧土湯峠への上り口が横向(上)登山口
横向(下)登山口には数台の駐車余地
横向(上)登山口には駐車余地なし

歩いた経路は
横向(下)登山口 1053m?
→ 箕輪山山頂
→ 鬼面山山頂
→ 旧土湯峠 1272m
→ 横向(上)登山口
→ 県道30号 ← 車道歩き
→ 横向(下)登山口

県道30号はカーブの多い舗装路
交通量もソコソコあるのですが
路肩がとても狭く
できれば歩きたくない車道

横向(下)登山口には二、三台駐車可
但し先日は地面の半分がえぐれ一台がヤット
路肩の駐車余地は車道ギリギリで出入りは危険
周回コースなので駐車するなら
横向(下)登山口~横向(上)登山口の途中で見かけた
県道30号脇の広い箇所のほうが ……

横向(下)登山口から箕輪山山頂への登山道は
林道を数回横切りリフト小屋を過ぎた辺りから
背丈を越える草に覆われ
山頂近くまで深い藪漕ぎ

段差段差の登山道そのものが
濡れた粘土か苔むした石で歩きにくい

箕輪山への往路ほどヒドクはなかったですが
箕輪山から鬼面山の鞍部へも藪漕ぎ継続

箕輪山の山頂は岩と土の広場で見晴らし良好

箕輪山山頂からは
鉄山の山頂部と避難小屋が『目の前』に見え
箕輪山は鉄山から往復するほうがラクな印象?

鞍部を過ぎ
鬼面山山頂への登りに移ると
登山道は礫や岩に変わり
藪漕ぎを経た足には快適でした

鬼面山山頂から旧土湯峠へは
多い花を楽しみながら

往路の箕輪山への藪漕ぎも
帰路の鬼面山鞍部への藪漕ぎも
ルートを見失う不安は感じず

要所には道標があります、但し

箕輪山山頂への道で出合った走者は
私が横向(下)登山口から来たと告げると
慌てて山頂へ引き返しました
鬼面山へ戻る道を間違えたのです

走者と同じく
鬼面山を経て箕輪山山頂に立った一人は
鉄山へ向かった筈が
暫くして山頂に戻り
改めて鉄山への道標を探していました

横向(下)登山口から登った一人は私同様
鬼面山へ向かう筈が
再び横向(下)登山口方面へ歩き始め
方向が違いますと声をかけると本人苦笑
私には追いつけないほど足が速く
箕輪山と鬼面山は何回目かの地元の人です

何人も間違えた訳は
登山道が深い藪に覆われ
方向を目で確かめるのが困難なため
だけではないと思います
道標にも錯覚を招く何かが ……

山頂近くの折れた道標で
横向温泉と記された方向は
横向(下)登山口を指しています
同じ道標で横向(上)登山口へは
鬼面山と記された方向へ歩く必要
その鬼面山を指す板は
折れた柱の影で見落とし易い

箕輪山の
山頂近くの道標とは異なり旧土湯峠の道標で
横向温泉と記された方向は
横向(上)登山口を指しています
そのため横向(上)登山口から歩いた人が
山頂近くの折れた道標で横向温泉の文字に出合うと
自分の往路を ← 横向(上)登山口から鬼面山経由を
思い浮かべるのも無理ないです

つまり横向温泉方面が道標によって
横向(上)登山口(鬼面山経由)を意味していたり
横向(下)登山口(箕輪山往復)を指すのです

私は下調べの段階で
二ヶ所の横向登山口をイメージするのに手間取り
実際に歩き始め藪漕ぎに入ってからは
自分の行き先だけでなく
分岐ごとに四方を確かめながら歩きました

09:40 下側の横向登山口
11:20 箕輪山山頂 ← 以下着時刻
12:40 鬼面山山頂
13:15 旧土湯峠
13:30 上側の横向登山口
13:45 下側の横向登山口

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 下側の安達太良連峰横向登山口

 箕輪山山頂への登山道は

 次第に草が迫り

 やがて深い藪漕ぎ

 オヤマリンドウ

 山頂に近づくと道はハッキリ

 

 山頂近くの折れた道標

 中央上の点は鉄山避難小屋

 鬼面山へも鞍部までは藪漕ぎ

 鬼面山山頂への道は礫や岩

 振り返ると箕輪山に霧

 ベニバナイチゴ

 鬼面山山頂の道標

 鬼面山の旧土湯峠側は花が多い

 ホツツジ

 フクシマシャジン

 ヤマハハコ

 旧土湯峠の道標

 上側の安達太良連峰横向登山口



|

« 盛夏の雨飾山に荒菅沢の恵み | トップページ | 北八ヶ岳の天狗岳 »