« 井戸尾根から巻機山の牛ヶ岳へ | トップページ | 雨と霧の八間山 »

2013-06-28

浅草岳のヒメサユリ

27日は ← 2013年6月
ネズモチ平駐車場から浅草岳へ

浅草岳 あさくさだけ 1585m
前岳 まえだけ 1568m
カヘヨノボッチ 嘉平与のボッチ 1485m
ネズモチ平駐車場 930m? ← 数十台分の広さ

破間川 あぶるまがわ
大白川 おおしらかわ

車は往復570km
小出IC → 国道291号 → 古新田交差点を右
→ 国道17号 → 四日町交差点を右 → 国道252号
→ 大白川駅の先を左 → 県道346号 → 分岐は右
→ 県道385号 → 浅草山麓エコミュージアム
→ ネズモチ平駐車場 …… ???!!!

午前1時に目覚めたときは本降り
関越トンネルを抜けたときも雨雲
小出ICを出てから雨がやみ
登山口付近から急速に青空

エコミュージアムへの進入路は開館時刻前で閉鎖
しかし駐車場は心配ナシ …… の筈が
ネズモチ平駐車場への林道が
凸凹面に変わる箇所から車通行止め ← 誤算
通行止め付近の駐車余地は2台か3台

凸凹面の補修が済めば広い駐車場が再び利用可能に
と思ったのですが駐車場への林道は二ヶ所で崩落
簡単には復旧できないと思います ← 手洗いも閉鎖

桜曽根の登山口とネズモチ平駐車場を結ぶ林道は
雪と石で塞がっている箇所あり ← 乗り越えは可

ブナ曽根コースは ← 往路
雨上がりで登山道は水路 ← 大袈裟
さらに二、三狭い沢を横切る必要 ← 飛び石あり
急登続きで復路は遠慮

桜曽根コースは ← 帰路
勾配が緩く歩き易い ← 木道部分も長い
但し途中に崩れそうな斜面 ← 距離は二、三歩程度
岩尾根や急登もあるらしいのですが
気づかずに過ぎてしまいました
前岳ノ肩の分岐から下方に二、三残雪 ← ごく僅か

ブナ曽根コースと桜曽根コースは前岳ノ肩で合流
前岳ノ肩からは山頂方面に残雪 ← 一ヶ所
滑り落ちるとマズイですが
笹との境を上辺に向かってまわり込めば
不安はないと思います

登山道は往路も復路もハッキリ
分岐には道標

出合ったのは
往路では6~7人の団体一組
復路では単身者二人限り
山頂部は人影ナシ

一人だけの天空散歩はとても贅沢

歩いた順路は
林道通行止め箇所から
→ 崩落箇所のある林道を歩いて
→ ネズモチ平駐車場(ブナ曽根への登山口の手前)
→ 桜曽根コース登山口への林道を右に見送り
→ ブナ曽根コースを延々と急登
→ やがて勾配が緩み草地歩き
→ 前岳ノ肩の分岐からは残雪を上辺に沿って進み
→ 草地の木道に入り(ヒメサユリの群生地)
→ スグに山頂(山頂の先にもヒメサユリ)
→ 帰りは前岳ノ肩に戻り桜曽根コースへ
→ 二、三残雪を横切り(登山道の雪はごく僅か)
→ カヘヨノボッチは判らずに過ぎ(標柱が読めず)
→ 桜曽根の緩いルートを直線的に歩き
→ 浅草ノ鐘すぐに桜曽根コース登山口の広場
→ 所々残雪と木と石が邪魔な林道を歩き
→ ブナ曽根コースの登山口に戻り
→ 広いネズモチ平駐車場を横目に
→ 林道通行止めの箇所まで
ホボ周回コース

ヒメサユリは
自生地が一部の山々に限られるユリ
浅草岳でも中腹までは気配なく
山頂直下の木道で初めて蕾を発見
気づくと周囲は一面ピンク …… には時期尚早

深い草地では専ら蕾でしたが
山頂の先の地肌剥きだしの道の脇に
何輪もの花が陽を浴びて光り輝き
帰路でもゴツゴツした道の脇に開花した群れ

歩いた時間は
06:50 林道通行止めの箇所
07:15 ネズモチ平駐車場 ← 以下着時刻
08:50 ブナ曽根コースを経て前岳ノ肩の分岐
09:15 浅草岳の山頂 ← 前岳ノ肩~山頂は天空散歩
09:55 前岳ノ肩の分岐
11:05 桜曽根コースの登山口広場
11:30 ネズモチ平駐車場
11:50 林道通行止めの箇所

写真は最初の一点を除いて撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 林道は車通行止め

 崩落箇所 背後の山並が浅草岳

 ネズモチ平駐車場




 ブナ曽根コースは急登続き

 守門岳 1537m 中央右に駐車場

 上のほうは緑濃い緩斜面




 前岳ノ肩の分岐から残雪

 上辺の境に沿って

 眺めを楽しみながら




 初めてのヒメサユリ

 後ろ向きでも感激

 周囲は天空

 咲き揃ったら見事




 ひと先ず山頂へ

 田子倉湖

 池塘(ちとう)

 山頂への道の脇にも

 




 浅草岳の山頂です

 

 山頂は広くなだらか

 山頂の少し先で

 

 開花したヒメサユリ

 

 まだ知らない山並




 前岳ノ肩に戻りました

 桜曽根コースは緩やか

 僅かに残雪

 岩ゴツゴツのルート脇でも




 桜曽根コースは直線的




 桜曽根コース登山口からの帰路



|

« 井戸尾根から巻機山の牛ヶ岳へ | トップページ | 雨と霧の八間山 »