« 青根から蛭ヶ岳 | トップページ | 日帰りの雨飾山 »

2013-06-07

二俣から鍋割山

6日は ← 2013年6月
二俣から鍋割山へ
鍋割山の先は金冷ノ頭で塔ノ岳を往復
帰りは大倉尾根の小草平から二俣へ

鍋割山 なべわりやま 三ノ萱 1273m
塔ノ岳 とうのだけ 1491m

三廻部 みくるべ 秦野市三廻部
二俣 ふたまた 527m?
後沢乗越 うしろざわのっこし 806m?
小丸 こまる 1341m
大丸 おおまる
金冷ノ頭 きんひやしのあたま 1362m?
大倉尾根 おおくらおね
花立 はなだて はなたて 1306m?
小草平 おぐさだいら 946m?

車は
秦野中井ICから → 県道71号
→ 西大竹交差点を左折 → 県道62号
→ 堀川入口交差点を左折 → 国道246号
→ 菖蒲交差点を右折 → みくるべ病院を過ぎて
→ 表丹沢県民ノ森の駐車場 450m?

駐車場のすぐ先はゲート ← 一般車両進入禁止
駐車場の区画は6台 ← 10台は駐車可 手洗いあり

みくるべ病院から駐車場へも
駐車場から二俣への歩行も ← 林道は複数
鍋割山への小さな案内板が頼り

歩いた経路は
表丹沢県民ノ森の駐車場から
→ 二俣 ← 塩あり 登山届のポストは用紙切れ
→ 林道の終点で再び沢を渡ると登山道
→ 植林帯
→ 後沢乗越
→ 尾根道
→ 鍋割山の山頂 ← 鍋割山荘あり
→ 山頂から大倉尾根方面へ
→ 小丸
→ 小丸尾根分岐 ← 大倉尾根や三ノ塔の眺め良好
→ 大丸
→ 金冷ノ頭
→ 塔ノ岳の山頂 ← 尊仏山荘あり
→ 金冷ノ頭に戻り大倉方面へ
→ 花立 ← 花立山荘あり
→ 小草平で大倉方面と別れ ← 堀山ノ家あり
→ 二俣
→ 表丹沢県民ノ森の駐車場

二俣には小草平への ← 登山口は登山届ポストの隣
小草平には二俣への道標がありません
特に小草平では大倉方面の道標に
二俣への文字も矢印も欠いているので迷いました
仕方ないので ← 丹沢は今年4月からの初心者
先ず堀山ノ家(施錠)を見て小草平と断定
次いで道標付近から植林帯に下る斜面の凹みを探し
暫く凹みを辿り ← 枯れ枝が積もって判りづらい
地肌が出ている箇所で登山靴の跡を確認
アチコチ幹に巻いてある黄色いテープが
林業のためだけでなく登山のルートと判断
テープを頼りに下って行くとたった一点
二俣方面と書かれた小さな案内紙を発見
さらに二人連れ二組に出合い不安解消

今まで迷ったことは?
勿論あります
深刻なケースが二回
2010年6月10日は
堂岩山・八間山・白砂山分岐から八間山への途中
うんざりするほど歩いてから分岐に出合い
広い方に直進すると薮に嵌まって ← 残雪なし
僅か十数メートルを悪戦苦闘
分岐まで戻りもう一方へ進みましたが ← 残雪面
踏み跡を見出せず前進を断念
堂岩山・八間山・白砂山分岐に引き返し
堂岩山の往路を辿って野反湖に下山

帰ってから再度地図を確かめましたが
堂岩山・八間山・白砂山分岐から八間山への
長いルートに分岐は一つも見当たらなかった

翌年の7月6日に白砂山へ出かけたときは
前年に迷った箇所で再び踏み跡探し
そこでルートらしき二方向とは別に
斜面上側の幹にペンキを発見
斜面を駆け上がってみますと
ハッキリした踏み跡が奥へ一筋
因みに八間山から堂岩山に向かうときは
ソコは一瞬で通り過ぎてしまう地形

 ココは幹のペンキが目印


数年前は距離の短い里山で
迷うなんて夢にも思わず
リボンと踏み跡を頼りに気分よく下山
時折通る車を気にしながら
舗装路を駐車場方面に下り始めた
ところが行けども行けども …… ……

長閑な昼下がりでした
散在する民家に人影はなく
次第に焦り
引き返そうと思った矢先
軽トラックに人の姿
道を尋ねますと
尾根の反対側に下りたことが判明
幸い駅へ向かう車に便乗させていただき
駅前でタクシーに乗り換え駐車場へ

今は道標のない分岐では
納得するまで点検します
奥深い山では積雪期の入山者が
回収し忘れた目印もあるので
リボンも簡単には信用しません

稀に
事故を誘うニセの矢印もあるとか ← 犯罪です

今回の時間は
05:20 表丹沢県民ノ森の駐車場
05:40 二俣 ← 以下着時刻
06:20 後沢乗越
07:15 鍋割山の山頂
07:50 小丸
08:00 小丸尾根分岐
08:10 大丸
08:20 金冷ノ頭
08:35 塔ノ岳の山頂
09:10 金冷ノ頭
10:00 小草平
10:45 二俣
11:05 表丹沢県民ノ森の駐車場

私は頻繁に休みながら歩きますので
休憩に費やした総時間はわかりません
時刻も5分刻みと大雑把

天候は湿った曇りで少しがっかり
なのに富士山の上の方は雲がなかった
蛭ヶ岳では晴れても富士山は見えなかった ← 5日
新緑も紅葉も富士見も雪見も
一回の入山でアレモコレモは出来ない相談

写真は撮った順です

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes



 表丹沢県民ノ森の駐車場にて

 林道歩きの終点付近

 後沢乗越

 鍋割山荘

 鍋割山の山頂から

 鍋割山から小丸への道にて

 小丸尾根分岐から富士山

 小丸尾根分岐から大倉尾根

 金冷ノ頭

 スグ塔ノ岳の山頂

 山頂は

 

 どちらを向いても

 人影がなかった

 山頂から

 金冷ノ頭への下山路から

 大倉尾根の花立

 大倉尾根では登山者多数

 大倉尾根の小草平




介護メモ

6月11日

デイサービスから戻った母は
午後6時 35.5度 ← 移乗時は意識あり
午後7時 36.1度 ← 容態変化
午後8時 38.0度 ← 呼びかけに応えず
さらに熱が上がった段階で翌朝通院の考えを変え
すぐにかかりつけ病院に電話 ← 市内の中病院
ベッドは空いていたのですが ← 初めての先生
夜間のため脳の検査が出来ず ← 診察の条件
市内の大病院は応じず ← 私の病院 母は初めて
区内の専門病院で検査 ← 偏に救急隊員の骨折り
結果を携え ← 脳は異常なし(条件を満たした)
入院できたのは深夜でした ← 救急隊に深く感謝
用済みの私は駅まで歩き ← 小雨のなか濡れながら
タクシーで戻ったのは午前1時 ← 珈琲ブレイク

翌朝の診察結果は胆のう炎の再発 ← 暫く入院
半年前の炎症より検査値は悪化するも
夜半からの点滴が効いて目が開き
色艶も戻り雰囲気和やか



|

« 青根から蛭ヶ岳 | トップページ | 日帰りの雨飾山 »