« 丹沢の大山 | トップページ | 二俣から鍋割山 »

2013-06-07

青根から蛭ヶ岳

5日は ← 2013年6月
釜立林道のゲートから蛭ヶ岳を往復

姫次 ひめつぐ ひめつぎ 1433m
袖平山 そでひらやま 1432m
蛭ヶ岳 ひるがたけ 1673m 薬師岳

道志みち どうしみち
青根 あおね
釜立林道 かまたち??りんどう
八丁坂ノ頭 はっちょうざかのかしら

黍殻山 きびがらやま 1273m
焼山 やけやま 1060m
檜洞丸 ひのきぼらまる 1600m
大室山 おおむろやま 1588m


車は
中央道相模湖東出口
→ 国道20号 → 相模湖駅前交差点を左折
→ 国道412号 → 三ヶ木(みかげ)交差点を右折
→ 青山交差点を右折 → 国道413号(道志みち)
→ 国道413号と県道76号の交差点を左折
→ 青根中学校方面へ(中学への小さな案内板あり)
→ 神之川林道方面分岐は行き止まりの側へ
→ 釜立林道方面分岐は釜立林道・新設道路方面へ
→ 図柄入り青い道標の分岐で工事中の新設道路へ
→ 新設道路を抜け釜立林道に入ると道幅は一台分
→ 最初のゲートは開放(気づかないかも)
→ 閉まっているゲート前二ヶ所に各数台駐車余地

歩いた経路は
釜立林道の閉まっているゲートが起点
ゲート脇を抜けるとゲート前より状態のよい舗装路
道なりに進むと舗装路の右脇に八丁坂ノ頭への道標
その道標から舗装路を離れ登山道にとりつき
→ ジグザグの斜面を黙々と進み ← 根気一筋
→ モノレールを潜ってからは
→ レールと付かず離れず黙々と進み
→ 八丁坂ノ頭 ← ここからは勾配の緩い散歩道
→ 姫次 ← 平坦な山頂に袖平山・蛭ヶ岳分岐あり
→ 袖平山の山頂 ← 雰囲気は地味
→ 姫次の広場に戻って今度は蛭ヶ岳方面へ
→ 原小屋平 ← 道標あり
→ 地蔵平 ← 道標あり
→ 山頂に近づくと木製の段々が延々と ← 勾配急
→ 蛭ヶ岳の山頂 ← 蛭ヶ岳山荘あり
復路は袖平山を省いて往路を下山

迷うのは釜立林道のゲートに着くまで(笑)
登山道は状態よくルートも道標も明解
鎖場なし
ガレ場を歩く必要もなかった

05:40 釜立林道のゲート
05:50 林道脇の八丁坂ノ頭への道標 ← 以下着時刻
07:15 八丁坂ノ頭
07:35 姫次
07:50 袖平山の山頂
08:05 姫次
09:30 蛭ヶ岳の山頂
10:50 姫次
11:15 八丁坂ノ頭
12:15 林道脇の八丁坂ノ頭への道標
12:25 釜立林道のゲート

富士山は雲隠れ
レールは姫次の広場近くで終わっていました
出合ったのは
蛭ヶ岳山荘に前泊して青根に戻る一人と
尊仏山荘に前泊して檜洞丸まで歩く一人

大きい画像は写真をクリック
→ 右下隅の○○○をクリック → View all sizes


 ココは左折して青根中学方面へ

 ココは行き止まり方面に左折

 さらに釜立林道方面へ左折

 青い図柄の案内通りに

 釜立林道のゲート

 この道標から登山道へ




 暫くすると林業用モノレール

 軌道は急な斜面や

 狭い尾根にも敷設され

 八丁坂ノ頭のさらに先まで




 八丁坂ノ頭 この先は姫次まで

 姫次の広場 緩やかで散歩気分




 袖平山への道から蛭ヶ岳

 袖平山の山頂 富士山には雲




 姫次に戻り蛭ヶ岳を目指して

 遠いので緑を楽しみながら




 山頂に近づくと急登に

 木道はよく整備されています

 中央上右に袖平山 右上に姫次




 ルートは判りやすい

 あと少しで




 蛭ヶ岳の山頂です




 帰路で偶然

 



|

« 丹沢の大山 | トップページ | 二俣から鍋割山 »