« 小間々から釈迦ヶ岳 | トップページ | 丹沢の大山 »

2013-05-29

神奈川県の山


2017年04月07日 相模湖と相模嵐山



2017年02月26日 聖峰から高取山



2016年12月18日 宮ヶ瀬湖北岸の南山



2016年02月27日 山北駅から大野山



2016年02月20日 権現山、弘法山、吾妻山

 



2016年01月16日 高松山
2016年12月12日 高松山と松田山



2015年04月18日 石老山

 大明神展望台から相模湖方面



2013年05月06日 丹沢 ヤビツ峠から塔ノ岳
2014年05月29日 丹沢 菩提峠から塔ノ岳
2016年10月12日 丹沢 菩提峠から塔ノ岳

 表尾根 塔ノ岳は上左最奥

 表尾根縦走路にて

 救助訓練



2014年09月06日 塔ノ岳 大倉尾根ルート
2015年01月02日 塔ノ岳 大倉尾根ルート
2015年08月29日 塔ノ岳 大倉尾根ルート
2016年01月20日 塔ノ岳 大倉尾根ルート
2017年01月17日 塔ノ岳 大倉尾根ルート



2013年06月06日 丹沢 鍋割山から塔ノ岳
2015年06月20日 丹沢 鍋割山から塔ノ岳
2016年09月09日 丹沢 鍋割山から塔ノ岳
2016年09月28日 丹沢 鍋割山から塔ノ岳
2016年12月07日 丹沢 鍋割山から塔ノ岳

 後沢乗越

 塔ノ岳の山頂から



2014年05月14日 丹沢の畔ヶ丸



2014年05月02日 丹沢の檜洞丸

 



2014年04月12日 景信山と小仏城山



2014年04月05日 三国山から陣馬山

 



2014年3月29日 稲村ヶ崎から江ノ島へ



2014年03月22日 大磯の高麗山と湘南平

 レストハウスの展望台から



2014年03月15日 鎌倉の衣張山と大平山



2014年03月08日 三浦富士、砲台山、武山

 



2014年03月06日 曽我丘陵 上大井駅から



2014年03月01日 三浦半島の大楠山 前田橋コース

 観測塔の隣の展望塔から



2014年02月22日 シダンゴ山 寄バス停から

 シダンゴ山の山頂



2014年01月25日 明神ヶ岳 大雄山から
2016年02月03日 明星ヶ岳と明神ヶ岳 宮城野から
2017年08月20日 明星ヶ岳と塔ノ峰 宮城野から

 富士山と金時山

 明星ヶ岳からの眺め



2014年01月18日 矢倉岳 足柄峠から

 矢倉岳の山頂



2013年06月05日 丹沢 青根から蛭ヶ岳

 蛭ヶ岳の山頂



神奈川県は
私には遠い土地

神田住まいの子どもの頃は
両親の店の得意先が藤沢、茅ヶ崎、平塚などに
各一店舗ありましたので納品や集金の営業車に便乗
夏休みは三浦半島や湘南の海辺でパシャパシャ
ときには伊豆まで出かけたことも ← 静岡県
しかしその後の半世紀間はほとんどご無沙汰

里が富士駅の裏だった父は ← 農地一部を駅に供出
駿河湾にも相模湾にも親しみを
両親が結婚したとき家元の配慮で ← 四世杵屋佐吉
泊まることができた芙蓉荘は湯河原
湯河原へは母を連れて行きたかった

知らなかったのですよ父が死ぬまでナ~ンにも
両親がどんな家に生まれ
何が縁で結婚し
物心つく前の俺たち子どもを
どのように育てたかを全~然

父の死後
母を慰めるためアルバムを整理
そのときから変わりました

父が逝くまで
母は紙人形のように厚みがなかった ← 勿論、父も
両親との距離は
今も昔も変わらないと思っています
しかし父の死後母の
口には一言も出しませんが
不安と恐れと悲しみと孤独が
今は痛いほどわかってしまう

富士山に出合うと
父の声が聞こえてきます
湯河原に出かけたときは
二人の笑顔に出合ったような


2013年06月01日 丹沢 大山
2015年06月27日 丹沢 大山
2016年02月18日 丹沢 大山

 阿夫利神社下社

 大山の山頂から

 富士見台



2013年05月15日 丹沢 大室山と加入道山
2016年11月05日 丹沢 大室山と加入道山 秋

 雲が消えた富士山

 暫くバイケイソウの群落

 



2013年04月17日 丹沢 本谷林道から丹沢山
2015年07月11日 丹沢 本谷林道から丹沢山

 



2012年03月24日 湯河原 幕山と南郷山

 湯河原梅林と幕山

 真鶴半島 南郷山山頂から



2011年12月29日 箱根 冠ヶ岳と大涌谷
2016年03月25日 箱根 芦ノ湖西岸の三国山
2016年03月29日 箱根 丸岳から富士見ヶ丘公園
2017年09月24日 箱根 乙女口から丸岳

 赤色点滅時は大涌谷へ下山不可

 大涌谷駅の後方に金時山



2011年12月14日 箱根 金時山
2014年12月06日 箱根 金時山
2015年06月06日 箱根 金時山 ← 乙女駐車場から
2016年11月17日 箱根 金時山 ← 地蔵堂から

 山頂広場は無人でした

 長尾山の尾根道から

 金太郎ハイキングコース


※ 私は撮った写真を2006年12月以降Flickrに保存
※ 5月30日現在7971点 ← 親族の昔の写真を含む
※ 大雑把に分類した一覧はコチラ
※ Flickrには10ヶ国の言語版 ← 日本語版なし
※ 2013年5月20日に全面改訂 ↓
※ 画像1点の上限は200MB 保存は1TBまで無料に




介護メモ

私の山歩きは写真趣味の延長です
写真趣味は母の歩け歩けのリハビリに ← 過去
週末つき添う無聊(ぶりょう)を解消するため
それより以前は絵を楽しむ程度で
趣味と呼べるモノは何もなかった
勿論?スキーは若い頃多少
ゴルフも付き合い程度は
どちらも嵌まるより仕事優先

30年続けたスロージョギングは
趣味ではなく健康維持の必要から
今も早朝限定

全介助は深夜も早朝も関係ないです ← 現在
幸いなことに尿量が多く
夜更けも二度はパッドを交換
私が起きられないと
不快にさせるだけでなく皮膚が荒れてしまい
介護する側も気分が滅入る

訪問介護は臨時を除いて今後も遠慮
自分で出来ることは訪問介護にお願いするより
家の外ではデイやショートを利用しながら
家の内では自分だけのほうがず~っと気楽

車椅子への移乗は神経を使います
手足が細り拘縮が進み
抱きかかえる際の捻(ひね)りが事故に
皮膚は薄く
強く擦(こす)れば剥がれてしまう
特にリクライニング式は大きく重く
可動する接続部が多く毎回緊張

移乗の際は急峻な痩せ尾根を連想
シマッタが通用しないのはどちらも同じ
切れ落ちた露岩では母の移乗を連想
一動作ごとに姿勢を見極め

私の
昨年手術した病気の再発は時間の問題
多分そうなんだろうと思っています
それまでは山歩きを楽しみ
その後も介護を続けます


※母の介護は2016年4月に終了しました



|

« 小間々から釈迦ヶ岳 | トップページ | 丹沢の大山 »