« 11月下旬の金精道路と小田代ヶ原 | トップページ | 新宿御苑の紅葉と身近な紅葉 »

2011-12-01

多摩川の最初の流れ

11月30日は笠取山の水干へ出かけ
多摩川の最初の流れを見ました

丹波川 たばがわ ← 多摩川の上流域
一之瀬川 一ノ瀬川 ← 丹波川の上流域
作場平橋 さくばだいらばし ←駐車場と手洗いあり
笠取小屋 ← 広場に手洗いあり
笠取山 かさとりやま 1953m
水干 みずひ 水神社 みずじんじゃ ←多摩川の源頭
黒槐尾根 くろえんじゅおね

作場平橋の登山口(作場平口)は一之瀬林道の脇
一之瀬林道は全線舗装
一之瀬林道へは
塩山方面からは国道411号の落合橋(高橋川)から
丹波山村方面からは国道411号の
一の瀬橋(一之瀬川)近くから入れます

一之瀬林道は
狭く曲がりくねっていますが舗装面はよく整備
但し落合橋から暫くは
分岐が分かりづらく傷んだ舗装面も何ヶ所か
作場平橋から中島川口へかけては一部改修工事

暗闇の一之瀬林道は ← 私の往路
走るのに勇気が要ります ← 鹿が二頭横断

作場平口には作場平橋を挟んで ← 橋は小さい
片方の側に手洗いと案内板と道標が
もう片方の側に駐車場があります

歩いた経路は

作場平口 → 一休坂 → 笠取小屋
→ 「小さな分水嶺」の碑 → 笠取山山頂
→ 水干 → 黒槐尾根 → 中島川口 → 作場平口

登山道、作業道、山林巡視道など
各方面への道が入り組んでいますが
登山道も道標も整備が行き届いています

歩き始めは摂氏3度
風がなく上着なしでも汗ばむほど
但しザックの中身は11月初めから冬の装備

06:25 作場平口
07:30 笠取小屋
08:20 笠取山山頂
08:50 水干
10:05 中島川口
10:30 作場平口

一之瀬林道には道路改修の作業員と車両
登山道では誰にも出合わず
ところが出合わなかったのは
国道411号(青梅街道・大菩薩ライン)を走行中も
道の駅たばやま~落合橋の間で
すれ違った対向車はほんの僅か ← 一台? 二台?
勿論、後続車もなし
たまたまなんだろうか


大きい画像は
写真をクリック → Actions → View all sizes


 一之瀬林道、作場平橋、駐車場

 一之瀬林道と作場平口

 作場平口の水干ゾーン案内板




 笠取小屋

 笠取小屋脇の多摩川流域図




 笠取山と「小さな分水嶺」の碑

 「小さな分水嶺」の説明板




 笠取山への道




 笠取山から

 薄く富士山




 最初の流れへの道標 水干にて

 最初の流れの沢筋の上手

 最初の流れの沢筋の下手

 最初はお湿り程度ですが

 すぐに水量を増し水流に勢いが




 水干の説明板 水神社近く

 多摩川の源頭 東京湾まで138km

 水神社は岩です

 水神社の上の山肌(笠取山)




 水干からも富士山が見えました

 水干の道標と水神社




 中島川口 作場平口は手前方向




 丹波山村と丹波川

 左上に国道411号

 帰路、県道18号から丹波山村




 県道33号から棡原ゆずりはら付近



|

« 11月下旬の金精道路と小田代ヶ原 | トップページ | 新宿御苑の紅葉と身近な紅葉 »