« 消えた踏み跡 入笠山、浅間山の火山館 | トップページ | 快晴の蓼科山 »

2011-02-14

奥日光の山に親しむ

私の山歩きは2008年6月からです
単身赴任型介護(?)の都合で
山歩きは母のショートステイを利用
容態が急変すればので
ショートステイの夜も私は母の家で待機
ということで隔週の平日に一、二回
日帰りで一人歩きを楽しんでいます

前日の天気予報を参考に山を決めます
午後七時に就寝
二時半~三時に起床
十分に食事を摂って
三時半~四時には出発します

一般道ではコンビニの駐車場で
高速道路ではSAやPAで
一回につき10分前後仮眠しますと
いつもすっきり運転できます

私の車は介護にも欠かせません

四半世紀ほどジョギングを続ているので
山歩きで呼吸が苦しくなることは先ずありません
ところが斜面を歩くのが弱かった!
おまけに恐怖心と心細さも手伝って
当初は決まった山だけ歩いていました

毎週末は母を伴い我が家に移動
介護に必要なアレコレを積んで
六時半には我が家に着きます
アトはカミサンに託して奥日光へ


 五色沼

 男体山から

 金精トンネル


現地着が9時~10時になりますと
週末は駐車場が悩みの種
志津乗越 1785m は大概満車で
女峰山 2483m 大真名子山 2375m 小真名子山 2323m
はいつも見送り
志津乗越から男体山 2486m へは昨年に一度
標高差は700m

二荒山神社中宮祠境内の登山者用駐車場が
満車のときは中禅寺湖 1270m の湖畔駐車場を利用
中宮祠の登拝門から男体山へは昨年に二度
標高差は1200m

2014年8月現在 男体山往復は7回
※内 二荒山神社中宮祠の登拝門からが6回

太郎山 2367m へは
光徳の公共駐車湯から山王峠を経て
山王帽子山 2077m まで歩きましたが
その先は次の機会に

金精トンネル 1840m の入口脇の駐車場も
週末は次第に空きが減っています
駐車できたときは金精峠 2024m へ登って
温泉ヶ岳 2333m へは二度
金精山 2244m を経て五色山 2379m へは数度

金精トンネル脇の駐車場が満車のときは
湯元の公共駐車場(複数)を利用します
湯元からはスキー場奥の
遭難慰霊碑から外山尾根を経て
前白根山 2373m へも数度
湯場見平から国境平を経て五色山へは一度
どちらも標高差は900m

弥陀ヶ池 2254m へは菅沼登山口から一度
奥白根山 2578m へは
日光白根山ロープウェーの山頂駅 2000m から三度

2010年06月12日の前白根山
2009年07月16日の弥陀ヶ池と五色沼
2009年06月28日の日光白根山



歌ヶ浜駐車場 1270m から社山 1827m へも数度

冬の週末は戦場ヶ原や小田代ヶ原を歩きます

帰りは二時か三時に現地を離れ
明るいうちに我が家に着きます

奥日光の写真集
奥日光などの写真一覧

奥日光の山に親しむことで
ほかの山塊へも出かける余裕

因みに老々介護世代の私は
毎週末の山歩きを休みますと
すぐに筋力が衰えます

雪山にも適用される山岳遭難・捜索保険に加入

大きい画像は
写真をクリック → Actions → View all sizes


追記

2011年05月14日の日光男体山


2011年08月04日の奥白根山


2011年10月20日の前白根山


2012年06月02日の社山


2012年09月20日の金精山


2012年10月13日の五色山


2012年10月20日の社山


2013年09月09日の奥白根山


2013年09月28日の前白根山





|

« 消えた踏み跡 入笠山、浅間山の火山館 | トップページ | 快晴の蓼科山 »