« クリスマスの奥日光 | トップページ | 銚子港のカモメ »

2010-12-29

スノーシューで黒斑山へ

車坂峠に着いた時は零下9度(7時頃)
車坂峠に戻ったときは零下7度(11時頃)

往路も復路も表コースを歩きました
中コースへの下りは
分岐から踏み跡がなかったです
仮に中コースに踏み跡があっても
雪の季節は
帰りも表コースを歩くほうが気分が楽

トーミの頭までは踏み跡がはっきり!
していましたがズボズボの箇所も多く
途中からスノーシューを着けバタバタと

トーミの頭では二人連れが休んでいました
二人はトーミの頭から引き返しました

トーミの頭から黒斑山の山頂へは
踏み跡が綺麗サッパリ消えていました
新雪面はスノーシューが頼りになります

トーミの頭~黒斑山山頂は帰りも誰にも出会わず

トーミの頭から車坂峠への帰りに出会った人は
単身者五人と二人連れ一組(内女性一人)
それにトーミの頭の二人と私を加えますと
スノーシューと登山靴は丁度半々!
登山靴は軽アイゼンなしの人も

踏み跡がはっきりしていたトーミの頭までは
雪用長靴でも歩けたかも知れません

私はスノーシューで歩く黒斑山は
今回(2010年12月29日)が初めてです
黒斑山の急な斜面をスノーシューで登るときは
ヒールリフターが役立ちました

大きい画像は
写真をクリック → Actions → View all sizes


 トーミの頭と二人の足跡

 トーミの頭のすぐ下

 来た道 トーミの頭にて

 行く先 トーミの頭から




 踏み跡は消えていました

 枝から落ちた雪の跡

 黒斑山山頂への道から

 細氷 大きい画像参照




 湯ノ平カルデラ

 仙人岳と鋸岳




 黒斑山山頂の手前

 山頂




 車坂峠近く(下山時)



黒斑山の写真集



|

« クリスマスの奥日光 | トップページ | 銚子港のカモメ »