« 根子岳から四阿山へ | トップページ | 男体山からの眺め »

2010-09-08

尾瀬沼一周と小渕沢田代

過日、燧ヶ岳の下山時に通った長英新道は
浅湖湿原の脇を抜け大江湿原に出てしまい
尾瀬沼には寄らないで沼山峠へ向かったので
今回(9月7日)は改めて尾瀬沼を見に
ついでに小渕沢田代も

読みは

大清水 おおしみず
沼尻 ぬしり(←ほかにも読み方があるそうです)
浅湖 あざみ
小渕沢田代 おぶちざわたしろ
燧ヶ岳 ひうちがたけ

順路は

大清水(1180m) → 三平峠(1762m) → 三平下(1670m)
→ 尾瀬沼(1665m)の南岸を時計回りで → 沼尻十字路
→ 沼尻平湿原 → 尾瀬沼の北岸 → 浅湖湿原
→ 尾瀬沼ビジターセンター → 小渕沢田代
→ 大江湿原 → 尾瀬沼ビジターセンター
→ 三平下 → 三平峠 → 大清水

歩き始めは朝の6時
大清水に戻ったのは午後の2時
尾瀬の案内チラシでは
この経路の総歩行距離は 24.9km
所要参考時間は 9時間25分 + 休憩時間

私の山歩きは三年目に入っています
当初は介護生活の息抜きでしたが
今は週に一度は歩かないと
体の調子がおかしくなります

週末は奥日光の山々
先々週の週末は湯元から五色山と前白根山へ
湯場見平への急登を経て
深いササをかき分け国境平へ
国境平から五色山は「近い」です
五色山から前白根山も「スグ」
どちらの山も見晴らしがよく
十分に寛げる筈、でしたが・・・

五色山では黒雲が押し寄せ
前白根山では雨が降り出し
天狗平付近から登山道に雨水が集中
外山尾根では土砂降りに遭遇
挙句に落雷!
怖ろしくなり
暫く登山道の凹みに
しゃがみこんでしまいました

私の山歩きは単身の日帰りですが
濡れ対策は大分よくなったと思います
冬は雪道も歩いています

雨も雪も強い風も
体が温まってさえいれば不安にならず
落ち着いて歩けるようです


以下の写真は撮った順です

 胸元にキベリタテハ



 燧ヶ岳と尾瀬沼



 尾瀬沼

 沼尻近く



 沼尻平湿原



 沼尻十字路から燧ヶ岳



 北岸にて



 東岸にて

 長蔵小屋

 東岸付近で



 小渕沢田代



 大江湿原から燧ヶ岳

 大江湿原から尾瀬沼



燧ヶ岳から眺めた尾瀬沼 2010年7月21日

八月下旬の尾瀬ヶ原 2010年8月25日





|

« 根子岳から四阿山へ | トップページ | 男体山からの眺め »