« 先導する者(モノ) | トップページ | 雪の季節も歩く楽しみ »

2010-01-24

冬の蓼ノ湖、小峠、刈込湖

昨日は日光の湯元から歩き始め ← 1月23日
金精道路を横断
その場でスノーシューを装着
蓼ノ湖(たてのうみ)の西側を経由、
小峠(ことうげ, 1672m)、
ドビン沢(ドビン沢下方の沢)、
刈込湖(かりこみこ)まで歩き
帰りは往路を戻りました

私は夏冬を通して刈込湖は初めてなので
事前に夏道とは別の
スノーシューのルートを調べましたが
歩き始めが朝七時と早く
新雪に覆われ
踏み跡はほとんど消えていました

金精道路からは青いリボンを
後半はごく稀に見つかったピンクのリボンを頼りに

ところがリボンの間隔は次第に長く
リボンのない区間もあって多少ウロウロ

雪に埋もれた小峠の案内板は
夏道を指しています

小峠への登りは勾配がきつく
ドビン沢の(ドビン沢下方の沢の)
岩場は踏み抜きを避けるため
どちらも平地をスタスタとは行かなかった

無人の刈込湖はとても静か
静寂は貴重な資源

帰りは老若多数のスノーシューに出会い
コースは固められ迷いようがなかったですが
新雪の樹林を進む
緊張感と興趣は減っていました


 冬の刈込湖

 夏の温泉ヶ岳山頂から


 金精道路を横切って

 夏道の案内板

 蓼ノ湖

 小さな雪崩の跡

 青いリボン

 帰路の小峠 踏み跡が増加

 刈込湖の湖岸

 刈込湖の湖岸

2010年01月23日の刈込湖写真一覧
12月~1月の奥日光


3月27日追記

この日はお昼からスノーシューで山王峠へ

週末は母を我が家に移しカミサンに委ね
安心して半日帰りの山歩きへ出られます
朝三時からの移動準備は多少バタバタ
狭い我が家には介護の備えがありませんから
介護に必要なアレコレも持ち込む必要があるのです
但し介護ベッドの移動は不可能
我が家では工夫して寝てもらっています

母をカミサンに託すと
「千円」で渋滞が増した週末の高速道路へ

光徳駐車場の車内で着替え
光徳牧場売店の北側へ少し歩き
湯元光徳線歩道の入り口から踏み跡を辿って

山王峠からは奥鬼怒林道(山王林道)へ出て
林道を光徳側に少し下った所に太郎山への道標
ここから踏み跡を辿れば
山王帽子山の山頂を経て太郎山へも登れますが
期待していた踏み跡は凹み一つ見当たらず
仮に時間があったとしても私には無理
山王帽子山は次の機会に

太郎山への道標地点からは奥鬼怒林道の
点検の車両が入るのでしょう?
均(なら)された雪面を光徳まで足早に


 湯元光徳線歩道の入口

 やがて勾配が増します

 山王峠の道標

 峠付近

 奥鬼怒林道脇の道標

 奥鬼怒林道

2010年03月27日の光徳~山王峠



|

« 先導する者(モノ) | トップページ | 雪の季節も歩く楽しみ »