« 12月~1月の奥日光 | トップページ | 冬の蓼ノ湖、小峠、刈込湖 »

2010-01-21

先導する者(モノ)

黒斑山の山頂を経て蛇骨岳まで

出かけたのは大寒!の朝
なのに車坂峠に着いたときはマイナス2度
山頂から下りる頃には手袋も要らないほどに

冬靴だけで歩けそうでしたが
今回は始めからアイゼンのお世話に
出会った四、五人もアイゼン姿
他にスノーシューと長靴が各一人

ず~~~っと晴れていました
風も林に守られ気にならず
ただ、吹きさらしのトーミの頭では
華奢(?????)な私は飛ばされそうに

車坂峠から黒斑山の山頂までは余裕の踏み跡
ところが蛇骨岳に近づくにつれ
林の中の踏み跡が処々で乱れ
何ヶ所かは判らくなってしまい恐る恐る
オマケに少しでも踏み跡を外せばズボッ!
抜け出せなくなったらと不安になったことも
進路を遮(さえぎ)る枝にも難儀

黒斑山の山頂を過ぎて
蛇骨岳までは誰にも会いませ・・・
いえいえ、またまたニホンカモシカ!

所要時間は
体調、天候、雪の状態でガラッと変わりますので
本人にもほとんど参考になりませんが
往路は車坂峠から表コースで黒斑山頂まで 110単位
黒斑山頂から蛇骨岳往復は 120単位
帰路の中コースは 40単位 (大雑把です)


 蛇骨岳への踏み跡

 左上にニホンカモシカ

 蛇骨岳から黒斑山頂へ

 黒斑山頂

 黒斑山頂から富士山

 噴煙は少なかった

 蛇骨岳から群馬県側

 嬬恋村と志賀草津方面

 トーミの頭から

 トーミの頭

 冬の太陽


2010年01月20日の黒斑山~蛇骨岳
黒斑山の写真集



|

« 12月~1月の奥日光 | トップページ | 冬の蓼ノ湖、小峠、刈込湖 »