« 雪の季節も歩く楽しみ | トップページ | 二月の雨 五色沼 »

2010-01-31

湯檜曽川から一ノ倉沢へ

母の退院が決まって昨日は久しぶりに楽な気分で

みなかみ町の車道は予想に反して乾いていました
歩き始めは朝七時前に土合橋(どあいばし)から
湯檜曽川(ゆびそがわ)右岸の踏み跡を辿り

踏み跡の雪はガサガサ固まっていて
スノーシューは要らないほど

一ノ倉沢では湯檜曽川との出合から
さらに国道291号との出合を目指して
沢であろう凹みを遡(さかのぼ)りますと
やがて勾配が増しましたのでアイゼンに履き替え
スノーシューの踏み跡をスタスタ
ところが・・・

何処まで辿っても踏み跡が消えないのです
これはオカシイ!と思い見上げますと
芥子粒(けしつぶ)さながら斜面に登山者!
折り返さないと私も稜線へ登る羽目に

大して風はなかったですが
一ノ倉沢を下り始めますと
もう踏み跡がアチコチ判らず!
風に飛ばされた雪が
踏み跡を均(なら)していたのです

国道291号の一ノ倉沢出合も深い雪で
舗装面も道路の配置も全然判らず
夏に記憶しておいた地形と
テント場の看板の上端を見出し凡そ(およそ)の見当

夏場は岩や水流が邪魔だった一ノ倉沢が
俄(にわか)の「好条件」で
容易に遡れてしまう雪の斜面は恐ろしいです
もし吹雪いたら!
などと思っていると晴れていた稜線に雲!

帰路は
雲間から太陽を浴びていた湯檜曽川の
左岸を眺めながら

土合橋には
これから出かけるスノーシュー姿が多数


 土合駅すぐの踏み切

 ヤマガラ

 ?

 湯檜曽川

 湯檜曽川左岸

 マチガ沢出合の東屋

 湯檜曽川右岸の武能岳

 一ノ倉沢を遡る途中

 国道の出合付近から

 雪崩跡

 国道の出合付近から

 斜面に登山者



 ←2007年9月の写真



 一ノ倉沢出合付近から

 湯檜曽川左岸の笠ヶ岳

 湯檜曽川左岸の白毛門


2010年01月30日の湯檜曽川から一ノ倉沢へ



|

« 雪の季節も歩く楽しみ | トップページ | 二月の雨 五色沼 »