« 登山者の姿 | トップページ | 覚束ない足どり »

2009-12-11

青い空、白い雪、澄んだ空気

 風は弱かった

 志賀草津道路(閉鎖中)

 ココは工事車両は進入可

 ココからは工事用も無理

 弓池

 草津白根レストハウス

 白根山頂と湯釜方面

 奥に野反湖を囲む山々


志賀草津道路の冬季閉鎖後で
スキー場再開前の草津白根山界隈はとても静か
天候に恵まれると贅沢の極致

雪道を歩く際に困るのは
ガチガチの凍結
ドロドロの泥濘(ぬかるみ)
吹きだまり
表層だけバリバリの雪面
新雪に隠された浮き石や溝や沢や崖
緩い雪に覆われた深いクマサザなどですが
草津白根山一帯も
サラサラの吹きだまりに嵌(は)まると
もがけばもがくほど深みに

白根火山ロープウェイは強風時運休
志賀草津道路の冬季閉鎖後で
スキー場再開前もロープウェイ運行時は
山麓駅まで車を乗り入れできる時間帯あり

私は昨年11月(志賀草津道路の冬季閉鎖前)
白根レストハウスの駐車場に立った際
突風に片方の耳を叩かれ
鼓膜の痛みが抜けずに
帰ってから検査してもらったことが

昨冬は志賀草津道路冬季閉鎖後の
ロープウェイ営業開始時刻に
山麓駅まで車で上がったことも
しかし一向に風が収まらず
その日は運休になって引き返す羽目に

草津白根山一帯には
硫化水素を含む火山ガス発生箇所が散在します

現在は湯釜火口から500m以内は立ち入り規制
日中に限り一時的に
湯釜火口への登山道(遊歩道)周辺のみ
規制を緩和されるそうです

湯釜火口観光で
従来は利用できたレストハウスすぐからの遊歩道は
今年7月の見物の際は立ち入り禁止に
レストハウスから離れた斜面際の遊歩道を辿り
以前より遠くの位置に展望所

レストハウスから芳ヶ平への遊歩道脇にも
火山ガス発生のため立ち入り禁止の箇所があります
積雪期は芳ヶ平への遊歩道は見い出すのが困難

さらに無雪期の話ですが
志賀草津道路の山田峠近くの
白根山側の道路際駐車場に車を停めたときも一度
硫化水素の強い臭気に恐れをなして
すぐその場を立ち去ったことが
以前はほとんど臭気を感じなかった場所
地形は窪地
その日は無風でしたので
白根山の火山ガスの一部が
駐車場とその周囲に澱んでしまった?

草津白根山: 本白根山 2171m, 白根山 2160m


12月9日の草津白根山付近
志賀草津道路の写真集



|

« 登山者の姿 | トップページ | 覚束ない足どり »