« 青い空、白い雪、澄んだ空気 | トップページ | 12月~1月の奥日光 »

2009-12-24

覚束ない足どり

ニホンカモシカに笑われました

 黒斑山は山頂だけガス

大きい画像は
写真をクリック → ALL SIZES をクリック
上の写真六点はトーミの頭とその周辺から


 黒斑山の山頂


23日は雪の積もった黒斑山へ
車坂峠はマイナス9度
快晴
風がなく
寒さはほとんど感じず

祝日なので下山時に
何人もの登山者とすれ違い
団体も二組三組
登山者は主にアイゼン姿
軽アイゼンも混じっていました
登山靴だけの姿は例外的
スノーシューが一人二人
改造(?)ワカンの高年者が一人


車坂峠に着いたとき
表コースと中コースの登山口を試しに歩き
スノーシューは車内に残すことに
携行したアイゼンも下山するまで
装着する機会を逃しました

中コースは表コース同様
登山口でもトーミの頭近くでも踏み跡ハッキリ
一方、私は
往復とも見晴らしのよい表コース

黒斑山の山頂からも
帰路のトーミの頭からも
霧で浅間山がまったく見えず
往路でトーミの頭に着いたとき
噴煙を撮っておいてよかったです

往路のトーミの頭直下でニホンカモシカ
なんと私の目の前!
鋭く息を吐く警告音(?)で気づきました
付近の崖や急斜面に足跡多数

エッチラオッチラ
覚束ない足取りで登ってくる人間の
一向に気づかない鈍感さに
ニホンカモシカは呆れてしまったそんな雰囲気
カメラを出す暇も与えずさっさと林へ


 2008年06月28日


2009年12月23日の黒斑山にて
黒斑山の写真集



|

« 青い空、白い雪、澄んだ空気 | トップページ | 12月~1月の奥日光 »