« 雲の戯れ | トップページ | 朝露と雨空 »

2009-07-21

人目を忍ぶ花園

 三壁山の登山口

 山頂への登山道から

 山頂を過ぎ高沢山へ

 カモシカ平

 背後に草津白根山


野反湖はニッコウキスゲの開花期に
祝日が重なって車が駐車場から溢れていました
私が野反湖を後にしたお昼すぎも
湖へ向かう車が次々に現われ
国道の狭いカーブは
車が数珠つなぎになることも何度か

下見に出かけた7月5日は見逃して
間違った道へ入ってしまった三壁山の登山口は
今回はクマザサが幅広く刈り込まれていて
道標の柱も容易に見い出せました
それでも登山口から一歩入りますと前回同様
両側から迫ってくる丈の高いクマザサが
濡れていて体の乾くヒマがなかったです
山頂で着替えてようやくサッパリ!

やはりクマザサが邪魔だった足許は
ぬかるんだ粘土状で滑りました

不安だったのは熊との出合いです
鈴はよく鳴るように2個下げました

三壁山の山頂からは足早に!
晴れている間にカモシカ平に着きたかったのです
カモシカ平を離れるときは
横手山を覆っていた雲がコチラにも届き始め
高沢山をすぎてエビ山に着いたときは
カモシカ平や三壁山には霧の帷(とばり)

2009年7月20日のカモシカ平(野反湖から徒歩)
野反湖の写真集



|

« 雲の戯れ | トップページ | 朝露と雨空 »