« 深い緑と鮮やかな黄色 | トップページ | 涼風 »

2006-08-03

長寿サイトの長続きの工夫

表現には借りモノと自分のモノがあるのですね。
あなたの表現はどちらですか?

自分の想いは自分で確かめ、
自分の言葉で語って下さい。

模写は借りモノ。
写生は自分のモノ。
引用は写生ですか模写ですか?

躾(しつけ)が損なわれる番組を観て、
観た番組を評論するヒトがとても多いです。
高い視聴率が維持され、
家庭よりも学校よりもはるかに強い力で、
子の人格を「形成」します。

機器の電源を落として視聴時間を減らし、
会話を大切にするヒトはとても少ないです。

あなたのサイトの記事は、
番組の評論ですか?
暮らしの記述ですか?

長寿にも限りがあります。
ヒトの寿命は必ず尽きます。
その折になって爽(さわ)やかに懐かしく、
読み返せる作品でありますように。

題名はあなたの何に由来します?

枠組みは既定であっても、
表紙のデザインに心がこもっていますか?

表紙にはあなたにとって、
最も大切な何かが含まれていますか?

終着駅に達した折に、
迎えてくれる誰かがいますか?

全編の文と画像が、過去と現在の文と画像が、
やがてどこかで繋(つな)がりますか?
作風が次第に成長しますか?
繋がりと成長は偏(ひとえ)に、
現場でコツコツの賜(たまもの)です。

公開された表現は自己批判の唯一無二の鏡。
内面の自分ほど自分に甘い存在はないでしょう。
ですから大切な折々の内面を表わして、
しかも「公開」するのです。
共有媒体の時代では、
表現の公開が論評する資格です。


かくて誰もが



|

« 深い緑と鮮やかな黄色 | トップページ | 涼風 »