« 会話 | トップページ | 逆方向 »

2006-02-01

縁起物の細工

吹雪および地吹雪の時と
暫く雪が降らず道路が乾いている時とでは
利用できる状況に違いがありますが
以下は週末
要介護者同伴時の感想です
2005年12月~2006年1月

先ずは奥日光

冬季閉鎖の公衆手洗いは
事前に調べておきました

中禅寺湖東端の浮き桟橋近く
国道120号に沿った手洗いは
一台も駐車できる場所がなく
バス停すぐで
おまけに道路際は雪が盛り上がり
目の前にありながら
手洗いに辿り着けずにオロオロします

立木観音脇の桟橋前にも
比較的広い駐車場があります
駐車場舗装面は大概ガチガチで
隅の手洗いへは車を寄せづらく
要介護者はよほど慎重を要します

赤沼バス停脇の手洗いは
狭い駐車場をしばしば一般車が占拠
時には除雪作業用の数台も駐車
仕方なく車道を隔て
冬季閉鎖している赤沼茶屋の
ガチガチに凍った駐車場を借りますが
車道を横切る際
滑って転ばないかとハラハラします

赤沼バス停から少し入った広い駐車場は冬季閉鎖
表通りから
広い駐車場入り口への道路は除雪され
折々何台もが駐車場代わりに使っています
赤沼の広い駐車場を部分的に開いておけば
併せて冬季閉鎖の手洗いも開いておけば
バス通りに面した手洗いより
ずっと安全と思うのですが

三本松の駐車場は
荒天の折も利用し易いです
但し夏場も
三本松の公衆手洗いは今一つ入りたくありません
大型観光バスが列をなす季節は
老若男女も列をなし
入りたくても間に合わなくなる時も
不平タラタラのオバサンもチラホラ
その手洗いも冬は閉鎖
されますからお店で借ります
その際、何か買い物をお願いされます
お願いされなくても
私はお土産を買うか飲み食いします

光徳の
牧場売店の駐車場ではなく
売店の少し手前の公共駐車場へは
戦場ヶ原の表通りを逸れ
狭まったバス通りを暫く走る必要があります
光徳の公共駐車場は
押しやられた雪で囲われ
地吹雪の折は入り口が判りづらいです
ただ荒天で車が少ない折は
公衆手洗い前に横付けできる幸運も

地吹雪の折の湯元温泉街はまったくの迷路

竜頭ノ滝下の
信号奥の駐車場はガチガチに注意
夏場もトイレ周りは寂しく
後(しり)込みする女性も

一方、浅間山は

嬬恋村でも最も眺めがよいと
私が勝手に思っている六里ヶ原休憩所の
冬季閉鎖を目の当たりにして愕然としました
駐車場門前の猫の額にも先客
六里ヶ原休憩所は
白根方面へ続く観光道路(?)の脇にあります
コノ辺りは確か豪雪地帯ではない筈
昨年九月
鬼押出し園の一隅に出店しているお土産屋さんと話した折
鬼押出し園は無休ということを知り
六里ヶ原休憩所も無休と思い込んでしまった私の迂闊
嗚呼! 事前に調べておけばよかったです
因みに
そのお土産屋さんのご主人は某県某所からご出張とか
週末に自宅兼加工場に帰宅
製造卸の委託販売
園内だけは直営
ご子息は継がないとかで
『自分の代で終わりかな~』

冬場はお客が少なく
園内の直営店は閉じるそうです
頂戴したオマケは
縁起物の
とても小さな細工でした



|

« 会話 | トップページ | 逆方向 »