« 雪ダルマの翌朝 | トップページ | 温室はいつも暖冬 »

2006-01-26

不思議な洞察力

競争を欠いた社会が停滞するのは、会社だけではないと思っています。暮らしの政府一個の守備範囲が、二千万人と一億三千万人では、どちらにより多く目が届きます? 情報技術に翻弄(ほんろう)される大衆の、人気投票で頂点を選び出し、実効を独占状態に委ねるのは、賽子(さいころ)投げの危(あや)うさがあります。

人口一億有余の涙国が、未だに暮らし部分の政府を、立法も司法も行政も一つ限りに(金太郎飴ミクロン幅の輪切りに)留めているのは、国際社会集団化の波から逸(そ)れていると思います。一つでは、相互依存も協働も不可能です。

……競争が壇上の恣意を (2003年12月6日)


必要性と優先順序は誰がどのようにして考え、誰が何を根拠に決めるのだろう? 市議会、県議会、国会って何だろう?

鹿児島県民と青森県民は各々何処まで学び、お互い何処まで知り合えばよいのだろうか。内院では法律も公共放送も各ムラが独自に展開、外院とは独立した「比較会議」で評価、各ムラの懸案は、より優れたムラを参考にして解決して欲しいです。内政の独占政体は困りもの。コマッタに輪を掛けるのが現場報道赤貧の現実。

……暮らしを競うムラ連合 (2005年9月21日)


中央政壇の恣意と地方分権の勝手を制御する政治へ。中央集権を輪切りにする地方分権や道州制は、島嶼にお大名様を割拠させる力学を秘めています。分権には外院とは別に、比較会議の仕組みが必要です。

……比較会議制現場主義 (2005年8月21日)


風土資本の荒廃と家庭資本の貧困は、島嶼(とうしょ)津々浦々金太郎飴。

……廃県置ソン (2003年11月24日)


一つでもままならない現実をバラバラにして、衆の誰が主体性を発揮できるというのだろう、誰某ハヤッテクレソウダカラ投票スルという社会で? 一方、民営化を推進すると、資本の論理は控え目になるのだろうか、やはり誰某ハヤッテクレソウダカラ投票スルという社会で? 防災も同じなのかも知れません。政治からも地震からも、我が暮らし意識が抜け落ちているのではないですか。

金太郎飴の、薄切り的に分権化民営化が進む近未来の社会では、どこで誰が何をしているかさえ、判らなくなってしまいます。

……ムラ政府への集権化 (2005年9月28日)


不思議な洞察力をお持ちですね、イマカラ道州の数を云々できる英才や貴顕は。関東平野一箇所でさえ、出かければ出かけるほど、未知や疑問が噴出すると思うのですが。 (……2006年1月26日)

……ボウリング投球の図 (2005年5月20日)


政壇のコスト意識の欠如は、人気投票がそうさせるのでは? 地方分権も市長村合併も道州制も、人気投票の枠組を改良しませんと伏魔殿に屋上屋。制度を変えれば、ヒトもお金も振り回されます。効果はまったく未知。お金の垂れ流しと暮らしの混乱さえも。未知の渦中で、次の調査にサッとお金、次の策にドサッとお金。 (……2003年12月13日)


複写効果



|

« 雪ダルマの翌朝 | トップページ | 温室はいつも暖冬 »