« 新雪 | トップページ | 冬籠り »

2005-11-24

ムラ政府への集権化




分権化民営化する根拠は
たった一つを一億数千万人が監視していた筈なのに
伏魔殿が膨らんでしまったからではないですか
一方、別の世界では
資本の論理の行き過ぎが
集権幻想への教条的傾斜を招き
深刻な破綻を結果したとも思っています

一つでもままならない現実をバラバラにして
衆の誰が主体性を発揮できるというのだろう
誰某ハヤッテクレソウダカラ投票スルという社会で?
一方、民営化を推進すると
資本の論理は控え目になるのだろうか
やはり誰某ハヤッテクレソウダカラ投票スルという社会で?
防災も同じなのかも知れません
政治からも地震からも
我が暮らし意識が抜け落ちているのではないですか

金太郎飴の
薄切り的に分権化民営化が進む近未来の社会では
どこで誰が何をしているかさえ
判らなくなってしまいます

我がムラの政(まつりごと)は
オラが主体的に担う条件と環境整備が
地方分権ではなく各ムラたった一つの
ムラ政府への集権化が ←廃県置ソン
必要なのだと思っています

        ……2005年9月28日の関東ムラにて


クリスマスの季節-445-
クリスマスの季節-433-
クリスマスの季節-338-
クリスマスの季節-259-



|

« 新雪 | トップページ | 冬籠り »