« 欄干 | トップページ | 透明な看板 »

2005-03-23

厚司(あつし)

創業九年目の年
大正十二年----

当時は売上帳を記入しなかったので年商は不明だが
銀行当座通帳を調べると入金高は六十八万円に達していた
店員も十人余りいたので
私が自ら裁断機を握る必要はなく
長年着馴れた襤褸の厚司(アツシ)を脱いで
結城の着物に着替え
白金の時計を買い
酒を飲むことも覚えた ……自伝抄録・祖父の肖像より

クリスマスの季節-234-





|

« 欄干 | トップページ | 透明な看板 »