2020-01-11

籠坂峠から鉄砲木ノ頭

9日は ← 2020年1月
籠坂峠から三国山へ
三国山稜は山中湖の南側の山並み

籠坂峠 篭坂峠 かごさかとうげ 1104m
立山 たちやま 1340m 太刀山
畑尾山 はたおやま 1360m
大洞山 おおほらやま 1383m 角取山 つのとりやま
楢木山 ならきやま 1353m
ズナ峠 ずなとうげ 1320m ズナ坂峠 ツナ峠
三国山 みくにやま 1340m
三国峠 みくにとうげ 1170m
明神山 みょうじんやま 1291m 鉄砲木ノ頭
切通峠 きりとおしとうげ 1044m
高指山 たかさすやま 1174m

明神峠 みょうじんとうげ 895m?

三国山ハイキングコース入口バス停 986m?
山中湖平野バス停 990m? ひらの
山中湖 やまなかこ 982m

2017年11月12日 明神峠 鉄砲木ノ頭 高指山
2014年12月27日 三国山 鉄砲木ノ頭

籠坂峠バス停で降車
霊園への狭い上りの舗装路を辿ると
霊園の広場の奥に三国山ハイキングコースの道標
広場の手洗いは冬季施錠

交通 ← 平日

御殿場線経由も考えましたが
以前に架線の霜で下りも上りも徐行が続き
国府津駅を7分遅れで発車
繰り返す駅での待合せで ← 単線
御殿場駅に50分遅れで着いたことがあり冬の朝は敬遠

往路
徒歩40分の最寄り駅から1度乗り換え
4番線着発・中央本線・松本行
八王子 6:35 - 7:19 大月
大月 7:26 - 8:13 富士山

富士急行路線バス・御殿場プレミアムアウトレット行
富士山駅のりば③ 740円 ICカード可
富士山駅 - 籠坂峠
8:38 - 9:13 ← 乗車
9:08 - 9:43
など

復路
山中湖平野バス停から路線バス
ふじっ湖号 ← いずれも平野始発
山中湖平野 - 富士山駅 810円 ICカード可
13:02 - 13:49 ← 乗車
13:56 - 14:49
など

富士急・富士山駅の時刻表 ← 平日の大月方面
14: 11特急富士回遊 41
15: 13特急富士回遊 27 45
ほか

14:11の特急富士回遊に乗車 ← 新宿着 16:03
富士急も特急電車に乗ったのは初めて ← 以前は車
新宿に出るより立川駅で乗り換えた方がよかったかも

復路のバスは暫く数人程度でしたが ← 私は後に着席
忍野のどこかのバス停で海外からの観光客が多数乗車
バスは私の隣まで満席に

特急の車内はガラガラ ← 平日の昼下がり
中央線に入ると見慣れた屋並をノ~ンビリ
神田育ちの私は中央線の駅を
縁者、学業、オフィス、お酒で幾度となく利用するも
富士回遊の車窓からは異邦人の心境でした (笑)

歩いた経路と時刻
**:** 立ち寄らず
今回 17-11 14-12←車
**:** 09:20 **:** 明神峠から歩き始め
09:20 **:** 07:20 籠坂峠バス停から歩き始め
09:55 **:** 07:50 アザミ平分岐
10:25 **:** 08:15 大洞山山頂
10:50 **:** 08:35 楢木山山頂
11:05 **:** 08:50 ズナ峠
11:15 10:40 09:00 三国山山頂 ← 山頂から左に下る
 今回はパノラマ台への道標確認 ← 初回は見落とす
 三国峠へ下る斜面は広く一様で踏み跡がばらけ
 間隔の長いリボンを見出しながら
11:30 11:10 09:15 三国峠 ← 車道を横切る
11:50 11:30 09:30 明神山山頂 ← とてもよい眺め
 山頂からは二、三の抉れた踏み跡を選びながら下山
12:15 **:** 10:00 パノラマ台 ← 駐車場あり
 案内図にはハイキングは駐車場から車道を下り
 路肩の道標から再び山道を下る表示 ← 表示通りに
 初回は駐車場でウロウロ、今回は駐車場は素通り
12:30 **:** 10:20 国道413号出合い
 三国山ハイキングコース入口バス停あり
 土日はバス便なし 平日も1日2、3便程度
 山中湖平野バス停へは約1km ← 湖畔を徒歩で
 主に狭い路肩歩きなので車に気をつけながら
**:** 12:45 **:** 案内板が地面に置かれた分岐は左
**:** 12:55 **:** 切通峠
**:** 13:40 **:** 高指山山頂
**:** 14:20 **:** 切通峠の先の平野への道標に戻り
12:45 15:10 **:** 山中湖平野バス停
 17-11は計50分ほどの休憩を含みます
 私一人のときは腰を下ろしての休憩は稀

濡れた地面はガチガチに凍っていました
消えずに残ったルートの雪もツルツルに凍結

三国峠に下るまでは人影ゼロ
ときおり小鳥のさえずりと猛禽類の鋭い叫び

三国峠の駐車場から ← このときは2台駐車
およびパノラマ台の駐車場から ← 人と車多数
明神山山頂に上る観光客が計5~6人

今回の写真です

霊園の広場
どこかに三国山ハイキングコースの道標があります

風が弱く寒くもなかった

アザミ平分岐

アザミ平にて

振り返ると富士山は頭だけ

コース右側の眺め

地面は溶岩? 火山灰の堆積?
深く根を張れないようです



大洞山の山頂

さらに先へ

箱根方面

楢木山の山頂
素朴な標柱 ← あると助かります

三国山ハイキングコースは起伏が少ない
樹相も一様 ← 積雪時は迷う恐れも

三国山の山頂にて
2点目は『丹沢緑の回廊』の説明板

山頂からはパノラマ台方面へ下りました
広い斜面は変化が少なく ← 踏み跡も浅い
赤いリボンで方向を確かめながら ← 間隔長い

三国峠の車道を横切り明神山の山頂へ
ルートはバラけ、侵食の始まった踏み跡も

上る途中から富士山が現れます

明神山の山頂にて
人影ゼロ

雲が湧いてきました

パノラマ台への下りから
こちら側の斜面も
侵食の進んだルートに沿って別の踏み跡が拡散

パノラマ台の駐車場を経て
三国山ハイキングコース入口バス停に下山

車道のヘリを歩いて山中湖平野バス停へ移動
コンビニで百円珈琲とお菓子
バス停の広場に日当たりのよい腰掛けがいくつも
バス乗り場の脇に案内所 ← 清潔な手洗いあり
山中湖平野バス停でも高速バスに乗れますが
案内所では高速バスのチケットは買えません
以前、スグの高速バスを携帯で予約 ← 空席があった
運転手さんに現金で支払い乗車したことがあります
今もソノ方法が可能かどうか? わかりません
今回は初めから
路線バスで富士山駅に戻って特急に乗る予定でした
特急券は乗車間際に購入
運転をやめてからイロイロな列車を楽しめます





|

«浜石岳と薩埵峠