2017-05-28

滝上バス停から高山へ

27日は ← 2017年5月
山の会の山行に参加 ← 女性12名 男性3名
日光の高山を歩きました

滝上バス停 たきうえ 1354m?
高山 たかやま 1667m
竜頭ノ滝バス停 りゅうずのたき 1297m?
中禅寺湖 ちゅうぜんじこ 1270m

私は東武日光駅から少し歩いて
土日祝7:00~のファミレスで朝食を済ませ
斜向かいの日光郷土センター前バス停で
09:08 湯元行きに乗車
10:08 滝上バス停着
駐車場の腰掛けで皆の到着を待ちました

山の会の山行に出かける朝は大概
起床 4時30分
家発 4時45分
最寄駅まで30分歩いて始発に乗車
集合時間の1時間前に集合地着
付近の飲食店で朝食
集合地に適当なお店がない時は繁華な駅で途中下車

コンビニの場所と ← 昼のオニギリ購入
飲食店の有無と開店時間は予め調べておきます

一方、一人歩きは
起床 アサ1時半~2時 ← 冬は30分~1時間のズレ
家発 アサ2時前後 ← 割引時間帯に料金所通過
SAで休憩 ← 24時間営業している飲食店で朝食
帰路は必要に応じて5分の仮眠 ← 強力な疲労回復剤

私の最近の日帰りは
山の会と一人歩きの棲み分けが出来ています
会津駒ヶ岳や平標山のように登山口が遠く
歩行時間が長いときは一人歩き ← 電車ではムリ
一人歩きでは最後尾の下山を避けます
始発電車で間に合う山行は山の会に参加
皆と歩くと下山時刻に縛られません

遠方も何人かと一緒に歩けるとよいのですが
難題は待ち合わせによる時間のロス
アサは★時と告げると皆尻込み
アサではなくヨルだとする見解も

今年に入って出かけた奥日光は
2017年2月4日 スノーシューハイク

その前は2016年10月4日 奥白根山

2011年までに歩いた奥日光の様子はコチラ

最近は奥へ行かず『前や表』でお茶を濁しています
2017年4月28日 表男体林道からの眺め
2017年4月25日 薬師岳 丸山 大木戸山 三ノ宿山
2017年4月19日 行者岳~夕日岳

霧降高原の丸山は高山とホボ同じ標高
丸山 1689m の先日の花と新緑


高山は2010年10月02日
左脚を引きづりながら歩いたことが ← 怪我の経緯
あの折は余裕がなく記録ナシ
記憶では

竜頭ノ滝は観光客多数
高山の斜面は脚に応えた ← 肉離れの2週間後
無名峠で熊窪に下るか小田代ヶ原へ向かうか思案
中禅寺湖畔に出るまで人影なし
熊窪⇒赤岩への途中で若い4、5人の男女一組
さらに児童から熟年まで5、6人の家族一組
二組とも欧州のどこかの言語
同じ団体?
ほかは一人歩きが数人程度 ← 予想より少なかった
山も海外勢が増えると施設も案内も充実するかも


男体山から眺めた戦場ヶ原と小田代ヶ原

高山は写真の中央

中禅寺湖


今回歩いた時刻は
11:00 滝上バス停から少し戻ると登山口
12:30 高山山頂 ~13:00
13:40 無名峠 1485m? ← 中禅寺湖・小田代ヶ原分岐
14:15 熊窪 くまくぼ 1271m?
15:00 赤岩 あかいわ
15:40 竜頭ノ滝バス停

帰りの電車は ← 本数が少ない
16:55 東武日光 ⇒ 下今市 17:03
長い待ち時間に駅の手洗い拝借 ← 清潔 人影なし
17:41 下今市 ⇒ 南栗橋 19:00 ← ハイカー多数
19:11 南栗橋で中央林間行きに乗車

東武日光駅の手前でお土産購入組と別れたのですが
南栗橋駅で再び全員同じ車両に ← ワイワイ ♪

私は家の最寄り駅からサラに30分歩いて我が家着

今回の写真です
花は
トウゴクミツバツツジ ← 赤紫
シロヤシオ(ゴヨウツツジ) ← 白
アズマシャクナゲ

皆の乗ったバスが着くまで
竜頭ノ滝上を橋からカシャカシャ

登山口から高山の山頂まで
水面は中禅寺湖

山頂近くの登山道から小田代ヶ原方面

高山の山頂にて

山頂の先から無名峠まで

無名峠から小田代ヶ原方面

中禅寺湖岸の熊窪へ
ヘンな菌類はツチグリらしい
湖岸にはレンゲツツジの蕾と花も

熊窪から赤岩を経てバス停へ
中禅寺湖岸の遊歩道は狭いので
すれ違いは譲り合って





|

«展望台 平標山と仙ノ倉山