2018-10-22

快晴の日光男体山

21日は ← 2018年10月
日光の男体山へ
二荒山神社中宮祠の登拝門から山頂を往復

中宮祠の開門は午前6時
登山受付の開始も午前6時 ← 1人500円
今回は6時前から開門受付

男体山の登拝期間は毎年5月5日から10月25日まで
登山者用駐車場が満車の時は県営駐車場を利用
県営駐車場の湖畔第1と湖畔第2は有料

境内奥の登山者用駐車場は今回は5時過ぎに満車
5時半には進入路の真ん中に満車のゲート
中宮祠の登山者用駐車場はほかにもあります
登拝門に出かけるとそちらからも人人人人

あまりに多くの人が登るとその重みで
山頂が凹んでしまう ← 余計な心配大きなお世話

帰り際の県営駐車場は
湖畔第1も湖畔第2も車が溢れ車道も渋滞

快晴
水気はないのに心を洗われました

無風
山頂の一角だけは寒風

男体山の中腹は紅葉の盛り
中禅寺湖畔とイロハ坂の紅葉はもっと先かも

暫くは富士山を望めましたが
山頂に着いてからは靄って見えず

男体山 日光男体山 2486m
中禅寺湖 1270m
中宮祠の登拝門 1280m?

男体山の古い呼称は補陀落山(ふだらくさん)
男体山は二荒山神社の御神体山

歩いた時刻
今回 16-09
06:05 06:05 登拝門
06:50 06:45 林道脇の鳥居
--:-- 07:00 五合目
--:-- 07:15 六合目
07:45 07:35 七合目
08:15 08:00 八合目 ← 瀧尾神社あり
08:50 08:40 二荒山大神の御神像
09:15 09:10 山頂の広場を遊歩、御神像に戻り
11:40 11:15 登拝門
--:--は記録漏れ

今までとの比較
18-10 16-09 14-08 11-05 10-09
06:05 06:05 08:20 08:40 09:10 登拝門
08:50 08:40 11:10 11:50 --:-- 御神像着
11:40 11:15 14:00 15:10 14:40 登拝門

18-10-21 往 2時間45分 復 2時間35分 + 山頂25分
16-09-30 往 2時間35分 復 2時間05分 + 山頂30分
14-08-30 往 2時間50分 復 2時間50分
11-05-14 往 3時間10分 復 3時間20分

総時間 ← 休憩含む
18-10-21 5時間45分 ← 天気がよかった
16-09-30 5時間10分 ← 天気がよかった
14-08-30 5時間40分 ← 天候外れ
12-07-15 6時間前後 ← 山頂は霧
11-09-24 -時間--分 ← 記録は写真2点だけ
11-05-14 6時間30分 ← 天気がよかった
10-09-18 -時間--分 ← 志津乗越から往復
10-09-11 5時間30分 ← 天気がよかった
10-07-07 -時間--分 ← 霧雨 写真6点のみ

志津乗越からの往復は1回だけ
ほかは二荒山神社中宮祠の登拝門から往復

2016年9月30日

2014年8月30日

2012年07月15日

2011年9月24日

2011年5月14日

2010年9月18日と2010年9月11日
2010年9月18日

2010年9月11日

2010年7月7日


今回の写真です
ホボ撮った順
青い湖面は中禅寺湖

もうすぐ山頂

中禅寺湖の右方は戦場ヶ原

下方は赤沼付近
赤沼駐車場(無料)には車が一杯
駐車場と国道はL字状に交差
赤沼駐車場の脇を写真の手前に進むと何棟かの建物
建物方面へは進入不可

太郎山神社の小さな社

前方にやっと奥宮

二荒山神社の奥宮です
先に右方へ

良縁の鐘

大剣
何年か前に根元から折れたことが

三角点

志津乗越(志津峠)への下山は写真の奥から

奥宮へ引き返します

遥か下方に日光の市街

二荒山大神の御神像
像の周囲はいつも人が多いのですが
今回は開門直後に登った先陣は逸早く下山
二陣三陣はこれからなので
山頂が凹む恐れは全然なかった

御神像からは中禅寺湖を左下方に見ながら
太郎山神社へ向かいました
三角点とは反対の側です

前方が太郎山神社
上辺中の右寄りが奥白根山(2578m)

左上奥が燧ヶ岳(2356m)
右端と2点目が太郎山(2367m)

太郎山神社から奥宮に戻って

下山開始

以下は下山路にて





|

«鬼怒沼 2018年10月